適切なケアで美肌に! 敏感肌のスキンケア方法まとめ

(c)ladysuzi - stock.adobe.com

適切なケアで美肌に! 敏感肌のスキンケア方法まとめ

空気が冷たく乾燥する冬は、敏感肌に悩む人も多いのではないでしょうか。敏感肌になるとちょっとした刺激でも痛みやかゆみが生じて不快ですよね。敏感肌は保湿とスキンケアなどの適切なケアによりかなり改善するそうです。そこで、敏感肌で悩む人向けのスキンケア情報をまとめました。

あれ、敏感肌かな? と思ったら

カサついてヒリヒリ。「乾燥性敏感肌かも」と思った時の対処法5つ乾燥が気になる季節に突入して、肌の不調を感じている人が多いのではないでしょうか。中でも注意したいのが、乾燥が原因で肌が敏感な状態に陥っている「乾燥性敏感肌」。乾燥で肌がカサついてヒリヒリとした刺激を感じたり、赤みやかゆみを感じた場合にはその可能性が高いでしょう。今すぐにお手入れの方法を見直す必要があります。そこで、今回は、乾燥性敏感肌かもしれないと思った時の対処法をご紹介したいと思います。1.できる限り刺激を避ける肌が敏感な状態に陥った時、真っ先に実践して欲しいのが刺激を避けること。顔を剃ったり、化粧品を変えたり、ピーリングをしたりするのは厳禁です。また、顔を洗った後に拭くタオルにもこだわる必…
敏感肌を内側から改善!生活習慣でターンオーバーを整える敏感肌は、表面のケアだけでなく、規則正しい食事や睡眠、ストレスを避けるなど、体の内側を健康にすることでも対策することができます。鍵となるのは、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)の正常化です。ここでは、敏感肌を体の内側から改善する方法をご紹介します。加齢とともにターンオーバーの周期は長くなる肌のターンオーバーの正常な周期は、約28日といわれています。しかし、年齢を重ねるにつれその周期は長くなり、30〜40代になると約45日まで延びてしまいます。ニキビや肌荒れなどが起きたとき、若い頃よりも改善が遅く感じられるのはこのためです。ターンオーバーが遅くなると、古い角質が肌表面に溜まります。すると、ゴワゴワ…
脱!敏感肌の秘訣は、「すすぎ方」にもあった!悪いすすぎ方が敏感肌を進めている!?敏感肌の方は、敏感肌を克服するために、お肌の仕組みについて勉強されたり、日々のスキンケアの選び方や使い方、生活習慣などを工夫されている方が多いと思います。でも意外と敏感肌を克服する上で、盲点となっていることがあります。それは、「すすぎ」です。お化粧を残していてはお肌に良くないから、きちんとすすぎをしなければ、と思っている方は多いと思うのですが、実はしっかりとすすぐことが、敏感肌を進めてしまっている原因である場合があるのです。皆様はいま、どの様にすすぎを行っていますでしょうか?私が長年、多くお見受けしている方法がこちらです。・化粧品やメイク落とし・洗顔類のヌル…
敏感肌のメイク術 メイク前スキンケア編「敏感肌です」という声を多く聞きますが、まずは本当に敏感肌なのかどうか、確認することが必要です。自分の肌質を勘違いしていると、間違ったケアをしてしまうので、慎重に判断しましょう。体質による敏感肌と生活習慣による敏感肌敏感肌には、以下の2つの種類があります。体質による敏感肌:生まれつき肌があれやすいアトピー性皮膚炎や、化粧品に含まれる成分に対してアレルギーを起こすようになってしまう接触皮膚炎(かぶれ)などが起きやすい人日常の生活習慣による敏感肌:間違ったスキンケアや生活習慣、体調の変化などにより、お肌のバリア機能が低下して敏感肌になっている人敏感肌とおっしゃる方のほとんどが後者の生活習慣による敏…

敏感肌さん向けの保湿テクニック

超絶敏感肌の武智志穂が本音で選んだ、MY BEST COSME「保湿編」武智志穂のMY BEST COSME青文字系モデルの第一人者 武智志穂は、2017年12月7日、Instagramの中で、お気に入りの保湿アイテムを公開。3つの実力派COSMEを紹介している。1つ目は、指先を保湿する、THREEのアロマネイルオイル。筆タイプで使いやすく、柑橘ハーブ系の香りに癒されるという。3,800円(税抜き)。2つ目は、PAUL & JOE BEAUTEのアイトリートメントバーム。武智は、夜のお手入れの最後に、目元とほうれい線に、このアイクリームを使用。こっくりと、しっかりと、潤いにフタをしてくれるという。5,000円(税抜き)。3つ目は、GROWN ALCHEMISTのハ…
敏感肌さんに◎!保湿にも使える「手作りヘアワックス」のつくり方顔回りの吹き出物や肩や背中の吹き出物に悩まされている、敏感肌のあなた。もしかするとその原因は、髪の毛にあるかもしれません。髪の毛に使用するものはナチュラルなものに変えていき、美しいお肌を手に入れましょう。髪の毛は吹き出物の原因のひとつ?実は顔回りの吹き出物や、背中の吹き出物の原因の一つには髪の毛が関係しているといわれています。たとえば、シャンプーやトリートメントの洗い流しが十分に足りていないこと。そんな状態の髪の毛が、顔や背中についてそのまま過ごしていると、吹き出物の原因のひとつになるといわれています。また、ヘアアレンジをする時に使用するワックス。これも肌に合わない場合があり、汗のたまりやすい…
「乾燥性敏感肌」の保湿に美容液を使いましょう敏感肌とはどのような状態なの?実は、医学的に「敏感肌」という病名は存在しません。強い洗剤や化粧品の使用時に肌が荒れる、赤みが出た、衣類の着用時にピリピリするといった、普通の人より敏感に反応しやすい肌のことを一般的に「敏感肌」と呼んでいます。近頃では精神的なストレスや食生活の乱れ、住環境の変化などによって、肌が敏感に傾いている人が増えています。しかし、検査を行っても「敏感肌」であると判断できるなんらかの数値が出てくるわけではありません。化粧水だけでは、保湿は不十分なの?もちろん、化粧水でたっぷりと水分補給することは大切です。しかし、化粧水だけでは万全とはいえないのです。化粧水の役割は主に水分補給…
敏感肌を改善するクリームとは敏感肌を改善するには、肌のうるおいを保ち、バリア機能を正常に戻すことが大切です。つまり、保湿が重要ということです。敏感肌の早期改善を目指すためにも、敏感肌におすすめのクリームを知っておきましょう。そもそも敏感肌とは?敏感肌は肌のバリア機能が損なわれ、外からの刺激が入り込みやすい状態です。敏感肌になると化粧水がしみたり、髪の毛でかゆくなったりします。また、化粧水に含まれるアルコール成分に反応して、肌が赤くなってしまいます。なお、敏感肌という病名はなく、あくまで普通の人よりも肌が反応しやすい状態を「敏感肌」と呼んでいるに過ぎません。敏感肌の3つの原因は?敏感肌になる原因には3つのことが考えられます…
敏感肌の保湿&保水は基本中の基本!保湿因子・セラミドとは?肌にとって、保湿は重要な要素ですが、その中でもとくに敏感肌の方は保湿を重視する必要があります。なぜなら、皮膚のバリア機能が低下している敏感肌の方は、外部からの刺激を受けやすいのと同時に、乱れた角層の隙間から皮膚内の水分が蒸散してしまうからです。保湿というと水分を与えるといったイメージをいまだに持っている方がいるかもしれませんが、水分を与えただけではすぐに蒸散してしまいます。肌にとって大切なのは、肌との親和性の高いうるおい成分を補給することです。そこで、保湿成分の代表的なものにセラミドがあります。セラミドは、角層の細胞間脂質で、その約半分を占める保湿因子を指します。脂質で…

敏感肌さん向けクレンジング&石鹸

ニキビ肌におすすめのクレンジング7選!敏感肌も使えるメイク落とし睡眠不足や栄養の偏りやストレスなどでできる大人ニキビ。肌の調子がゆらぎやすい季節には、顔はTゾーンはオイリーでありながら頬が乾燥する部分乾燥肌にもなりやすいものです。そんな肌におすすめのメイク落としクレンジングを美容家の宮地祥子さんがご紹介してくれます。他にもクレンジングの目的やニキビの原因をもう一度ここで確認しながら、ご自身の肌に合ったクレンジングを見つけてみまましょう[ 目次 ]クレンジングの目的 (#indexList0)ニキビができる原因 (#indexList1)ニキビ肌のクレンジングの選び方 (#indexList2)ニキビ肌におすすめのクレンジング (#indexList3)クレ…
敏感肌が選ぶべきクレンジング剤とは?メイクをしているときよりも、落とすときのほうが肌に負担がかかります。そのため、肌のバリア機能が低下し、ちょっとした刺激でも影響を受けてしまう敏感肌の人は、クレンジング剤選びが重要となります。肌への負担が少ないクレンジング剤と、その使い方をご紹介します。まずは本当に敏感肌かどうかチェックしてみよう敏感肌は、角質層の保水力が低下することにより、肌のバリア機能が著しく低下してしまっている肌のことです。セラミドが不足することで起こるとされ、皮脂膜の酸性度がアルカリ性に傾き、悪玉菌が増殖しやすくなるといわれています。化粧品でかゆみや痛みが出たり、発赤や腫れ、冬場に粉をふくようになったり、乾燥したり汗をか…
敏感肌にも安心!“毛穴・ニキビケア”に特化した薬用炭石鹸新発売!「FAZ 薬用ブライトソープ」神奈川県横浜市の株式会社SAMURAIは、“毛穴・ニキビケア”に特化した炭石鹸「FAZ 薬用ブライトソープ」(医薬部外品)の発売を開始した。SAMURAIは、化粧品・化粧雑貨・健康食品のデザイン、企画、製造、販売等を行う会社だ。女性の共通の悩み多くの女性に共通する悩みは、「ニキビと毛穴の開き」。同社では、「ニキビケア・毛穴ケアにこだわった薬用炭石鹸」にこだわり、商品の開発を行った。「FAZ 薬用ブライトソープ」では、 グリチルリチン酸ジカリウム、ヒノキチオールの2つの有効成分を配合。生産方法は、ローコストで大量生産を可能とする「機械練り」ではなく、枠に流し入れ時間…
敏感肌の方がクレンジング&洗顔で気をつけるべきこと敏感肌に悩む方は、日々のケアの仕方がわからないという方も多いのでは?これまでの敏感肌ケアの仕方を見直すだけでずいぶん改善されるかもしれません。クレンジング剤の刺激が敏感肌の原因に私たちの肌や毛髪は、毛穴の中の皮脂腺によって分泌される皮脂によっておおわれています。これを皮脂膜と言いますが、皮脂膜は、「天然のクリーム」と呼ばれ、肌をおおうことで保湿・保護しています。1日に1~2g分泌される皮脂ですが、洗顔のしすぎや刺激の強いクレンジング剤などの使用によって、取り去られてしまうと肌が乾燥して、少しの刺激にも敏感に反応するような肌「敏感肌」になってしまいます。ただでさえ敏感肌の方は、皮脂分泌が少なく乾…

敏感肌さん向け基礎化粧品

私って敏感肌?!敏感肌のスキンケアと敏感肌に合う化粧水って?そもそも敏感肌って?!外からの刺激に弱い肌敏感肌とは、化粧品や洗顔料、紫外線などの外からの刺激に対して弱い肌のことを言います。昨日まで使っていた化粧品が急に合わなくなってしまうなど、非常にデリケートな状態なんです。原因は?肌のバリア機能の低下は乾燥によって引き起こされることが多いです。保湿成分が低下することで水分も減り、バリア機能も低下し、敏感肌になってしまうので乾燥を防ぐことが大切です。敏感肌で選ぶべき化粧水は?高保湿・低刺激「セラミド配合」などの保湿成分の高い化粧水がおすすめです。その中でも低刺激の優しい成分のものを選んでくださいね♪「敏感肌用」とされている製品を選ぶといいかもしれません。…
敏感肌に良い化粧水の選び方敏感肌さんでなくとも、化粧水選びは全てのスキンケアの中で最も重要なポイントです。毎日使い、しかもたくさんの量を肌に浸透させる化粧水ですから、慎重に選びたいものです。しかし、ちまたには多くの化粧水が出回っています。「敏感肌用」に限定しても相当な数になります。自分に合った化粧水を探すには、とにかく試してみるというのが一番になります。誰かが良いと言っても、いざ自分に使ってみたらダメだったというパターンは多々あります。ですので、根気よく探し続けるのが重要です。店頭やインターネットで試供品を取り寄せたりするのもよいと思います。敏感肌の方は特に、初めて使う化粧水はあごの下など目立たないところに少しつけて様…
敏感肌を改善する乳液の選び方外部刺激を受けやすくなっている敏感肌の場合は、どのような乳液を選ぶべきなのでしょうか?選び方のコツと、おすすめの乳液をご紹介します。乳液の役割と種類乳液には、肌にうるおいを与える役割と、肌表面にフタをして水分の蒸発を防ぐ役割があります。中でも重要なのが、水分の蒸発を防ぐ役割。よく、化粧水で保湿しているから大丈夫と言う人もいますが、化粧水では水分を補うことしかできません。乳液などでフタをしてあげないと、うるおいはすぐに逃げてしまい、むしろ乾燥を招く原因となってしまうのです。乾燥は敏感肌の大敵なので、保湿対策はしっかり行いましょう。肌のうるおいを保つのに重要な役割を担う乳液には、3つのタイプがあり…

美肌に見せるメイクテクニック

敏感肌のメイク術(2)化粧下地の選び方化粧下地の目的化粧下地というのは、ファンデーションの密着効果、整地効果、保護効果を目的としています。なので、メイクをするなら、化粧下地を使うとよりきれいに仕上がります。化粧下地を使う場合は、低刺激な製品を選ぶようにしましょう。敏感肌用のミネラルファンデーションなどでは、下地なしでもOKなものなど、肌にたくさん重ね塗りしなくてすむように考えられたファンデーションもあります。スキンケアの後にすぐに使うことができる敏感肌用のファンデーションもあるので、使用するファンデーションが化粧下地が必要な製品かどうかは、メーカー推奨の方法を確認するようにしましょう。敏感肌が選ぶべき化粧下地とは?化粧下地を選ぶ際…
敏感肌のメイク術(4)ファンデーションの選び方敏感肌はファンデーションを使用しない方がよい?敏感肌の方の中には、「ファンデーションは肌に良くない」と日焼け止めのみを使用する方もいますが、炎症が起きている等の問題がない場合は、低刺激のファンデーションであれば使用しても問題ありません。紫外線や、外的刺激から肌を保護する為にカバーをしておかないと、外出時に乾燥やアレルゲン、紫外線などにより赤みが出たりすることもあります。炎症が起きるとバリア機能も低下してきて、肌荒れが悪くなったり、なかなか肌質が良くなかったりもしますので、使っていなかった方は慎重にパッチテストなどをしてお肌に合ったものを探し、使用してみましょう。ファンデーションの種類ファンデー…
敏感肌のメイク術(6)化粧直しの方法このお化粧直しはNG!敏感肌の方は、お肌に炎症が起こりがちのため、普通肌の人よりも老化が早く進行しやすく、シワやシミができやすいと言われています。しかし、いくらシワやシミが気になるからと、パウダーファンデーションをスポンジで重ねづけすると、お肌から水分が奪われ、シワっぽくなってしまいます。また、スポンジで重ねづけすると摩擦が発生し、ただでさえダメージを受けている角質層がさらに傷ついてしまいます。必ず水分と油分の補給を先に行ってファンデーションがなじみやすい状態を作り、それからファンデーションを「軽くのせる」ようにしましょう。乾燥による化粧崩れは乳液を使ってお化粧直しを乳液を使ったお化粧直しの方…
どうすればいい? 肌が敏感になっているときの「メイク」事情季節の変わり目などは、どうしても肌が敏感になってしまいがち。そのため、肌の調子もなんだかイマイチと感じる人も少なくないのでは。メイクが肌への刺激になりそうで、できればすっぴんで過ごしたいけれど、外出をするときにメイクをしないのは気が引ける……と、女性にとっては敏感肌のときの「メイク」をどうするのかは、けっこうな悩みどころ。そこで今回は、女性のみなさんにこんな質問をしてみました。Q.肌が敏感になっているとき、「メイク」はどうしていますか?普段と同じ……63.4%いつもとちがうメイクをする……36.6%半数以上の女性が「普段と同じ」メイクをすると回答しました。それぞれの意見をくわしく見ていきましょ…
敏感肌でも、キレイなメークを楽しめる!敏感肌の方のなかには「かぶれるからメークはしない」と言う意見があります。たしかに肌にあわないスキンケアやメイクで、顔中熱をもって真っ赤に腫れてしまうことなどを考えると、メークがしにくいものです。皮膚科では敏感肌の方に対して「メークはしないほうが・・・」という医師もおり、あきらめの気持ちをもってしまう人は多いようです。しかしながら、最近は敏感肌用のメーク用品も増え、敏感肌が原因でメイクをあきらめる必要は、なくなってきているといえます。敏感肌だから・・・とお悩みの皆さん、大丈夫ですよ。メークをすることでのメリットいろいろなメーク用品を使って自分の顔をキレイにしていくというのは女性にとって大きな喜び…
脱!敏感肌を目指すなら、ファンデーションよりパウダーを使おう!敏感肌の方は極力メイクをしないほうが良い、というのは周知の事実だと思います。しかし、実際はお仕事や外出する際は、身だしなみのためファンデーションやパウダーをする必要があり、メイクをしない、という選択肢はなかなかできませんよね。そこで今回は、敏感肌の方がメイクの時に気を付けるべきポイントを紹介します。敏感肌さんがファンデーションとパウダーを使うならどちらが良い?結論としては、パウダーです。そして、一番避けたいのはリキッドファンデーションです。おすすめ順は以下を参照してください。(一番おすすめ)粉上のパウダー>固形のパウダー>リキッド(一番避けたい)また、上記は油分の量が少ない順でもあります。敏感…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ビューティまとめ

新着まとめ

人気ビューティまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.