虫歯はどうする? 生える順番は? 乳歯のケア方法まとめ

(c)seregraff - stock.adobe.com

虫歯はどうする? 生える順番は? 乳歯のケア方法まとめ

わが子に初めて歯が生えたのを見つけた瞬間は、なかなかに感慨深いものがありますよね。でも同時に疑問が生じた人も少なくないはず。乳歯の正しいケア方法は? もしも虫歯になってしまったら? 乳歯の生える順番って? 歯がグラグラしているけれど大丈夫? そんな子ども「歯」にまつわる疑問と解決策をまとめました。

乳歯の正しいケア方法は?

赤ちゃんの歯磨きはいつから? 乳歯のホームケアのポイントとやり方レッスン歯磨き嫌いな赤ちゃんに仕上げ磨きをするのは本当に大変! だけど、虫歯にしたくないし、歯並びのいい子に育てたい! そんなママ・パパを対象にピジョン本社にて「早期からはじめる親子いっしょの乳歯ケア」勉強会が開催されました。講師は、育児誌『Baby-mo(ベビモ)』でもおなじみ倉治ななえ先生。歯磨きの目的や年齢別 歯磨き剤の量など乳歯のホームケアにまつわることを徹底的に解説してくださいました。虫歯をつくらず歯並びをよくするためのQ&Aも必見です!歯ブラシはいつから使ったらいいの?ママやパパは、起きたら顔を洗うことやトイレトレーニングを生活習慣として教えるでしょう。歯磨きもそれと同じです。歯が生える前…
親子で乳歯ケア♪子どもが「気持ちいいと感じる歯ミガキ」のポイント3つ出典:子どもの歯は虫歯になりやすく、早めのお口ケアが大切とよく聞きますよね。でも実は、子どもだけでなくママやパパも一緒にケアをすることが大切なんだとか。その理由を探るべく、ピジョン株式会社主催の『早期からはじめる親子いっしょの乳歯ケア』勉強会にIt Mama編集部が参加!そこで「クジラ歯科医院」院長・倉治ななえ先生に乳歯の虫歯の原因や、子どもが気持ちいいと感じる歯磨きの方法を聞いてきましたので紹介します。出典:ママとパパのお口ケアも重要!? 虫歯予防は「ミュータンス菌」に注意クジラ歯科医院院長の倉治ななえ先生によると、虫歯になる原因となるのが“ミュータンス菌”。このミュータンス菌は生まれたばか…
虫歯のない子に育てたい! 赤ちゃんの歯が生え始めたら気をつけたいこと赤ちゃんの乳歯が生えてきたら、考えたいのが虫歯のこと。体の健康のためにも歯はとても大切です。できるだけ虫歯ができないように気をつけてあげたいですよね。■家族から虫歯菌をうつさない唾液から虫歯の原因菌がうつる、ということは、現在では広く知られています。生まれたての赤ちゃんの口の中には、もともと虫歯菌は存在しません。感染ルートはほとんどの場合、パパやママなどの家族からです。そのため、スプーンや箸の共用は避ける、赤ちゃんの口にキスはしない、など、虫歯の感染リスクをおさえる努力をしているママも多いはず。そのほか、食事のときにフーフー息を吹いて冷ますのも、赤ちゃんの食事や口の中に唾液が飛んでしまう恐れが…

これってどうですか? 子どもの歯にまつわる疑問あれこれ

ママから子供へ、恋人同士のキスで……虫歯はうつるって本当!?我が子を虫歯のない、健康な子に育てたいと考えるのは、多くの親の願いだと思います。小さい頃から歯磨きをしっかりしたり、歯に悪そうなお菓子を与えないようにしたりと、子供の歯に気をつかう家庭も増えています。ところが、さまざまな予防を心がけていたのに、突然、虫歯が見つかってしまった。そんな経験をした方も少なくないのではないでしょうか。一体どうしてなのでしょう?虫歯の原因は甘い物?多くの人が虫歯の原因は甘い物だと思っていますが、正確とはいえません。たしかに、糖分を摂ると虫歯になりやすくはなりますが、糖分だけでは虫歯にはなりません。糖分を摂ると、口の中の虫歯菌が糖を分解します。その際に、虫歯菌が酸を出すた…
乳歯の虫歯は永久歯に関係するってホント?最初に生えてくる子どもの乳歯は、原則として永久歯が生え変わります。だからといって乳歯が虫歯になっても大丈夫、というわけではないようです。それはどうしてなのでしょうか?今回は乳歯の虫歯が、永久歯や口内に与える影響や、子どもの虫歯予防について歯科医師に詳しい話を聞いてきました。乳歯の虫歯が永久歯や口内に与える影響乳歯が虫歯になったからといって、それに続く「後継永久歯」も必ず虫歯になるということはありません。ただし、以下のような影響を及ぼす可能性はあります。永久歯の形成不全乳歯の下で永久歯がまだ歯の形成をしている時期に、乳歯の大きな虫歯を長い期間放置していると、形成不全がある永久歯が生てくることもあ…
「歯の数が足りない!?」生後6ヶ月〜3歳の乳歯のアレコレQ&A出典:歯の生え始めの生後6ヶ月頃から3歳までは乳歯が生えてきて、子どものお口の中もダイナミックに変化する時期です。この時期は仕上げ磨きが大変な時期とも重なり、むし歯予防に関して手探り状態のママも多いのではないでしょうか。また、生えてきた歯を見て「これで大丈夫なのかしら?」と不安になることもありますよね。今回は、ママ歯科医である筆者が、生後6ヶ月〜3歳頃のお子さんのママによく聞かれる質問を解説します。「先生、コレって大丈夫?」編(1)歯に白いチョークでラインを引いたみたいに見えるけど……上の前歯も生えそろった1歳〜2歳頃、上の前歯の歯肉に沿って、白いチョークで縁を描いたようなものが歯ブラシでもと…
「歯の表面がオレンジ色に!?」生後6ヶ月〜3歳の乳歯アレコレQ&A出典:赤ちゃんや子どもの歯は大人と違い、気になることって色々ありますよね。日々の診療でも「赤ちゃんの歯のコレって何ですか?」と聞かれることがあります。今回は歯科医である筆者が生後6ヶ月〜3歳向けの“乳歯のアレコレQ&A”について解説します。  「先生、コレって何ですか!?」生後6ヶ月〜3歳の子ども編(1)歯に白いものがついていてとれない生後6ヶ月頃から生え始める乳歯。1歳前後のお子さんで下の前歯の裏側や歯と歯の間に白いものがついていて、毎日の歯ブラシでどうしても取れないと受診されることがあります。これは「歯石」であることが多いです。みなさん、歯石は大人にしかつかないと思っていませんか…
乳歯にも必要?子どもの歯の矯正治療、いつから始めても同じ?子どもの歯の健康に気を配るなかで、歯並びも気になるもの。「悪くなった歯並びは早めに矯正治療をしたほうがいい」、という意見がある一方で、「乳歯列(生え始め)のうちから矯正治療が必要なの?」という疑問も耳にします。そこで、矯正専門の歯科医院を40年以上営む大野粛英(としひで)先生に、子どもの歯の矯正治療についてお話を聞きました。歯並びの矯正治療は「早いうちがいい」とは一概には言えない大野先生によると、子どもの歯の矯正治療は「早いうちがいいとは一概に言えない」そう。「歯並びの悪さには、遺伝による先天的なものと、生活習慣などによる後天的なものがあります。このうち先天的なものは、歯が大きい、アゴが小さい…
赤ちゃんが、おっぱいを長く飲んでいると虫歯になりやすいって本当?先日、「断乳」「卒乳」を成功させるためのやり方! ベストなタイミングと方法 という記事を書きました。実際、自治体の1歳半検診等で「虫歯の原因にもなるので」と卒乳を勧められました。たしかに、夜おっぱいを何度も飲んでいるとなると乳歯に歯垢が付着するので、虫歯になる可能性がないとはいえません。とはいえ、本当のところはどうなのでしょうか?■子どもの虫歯の原因は?小児の予防歯科に積極的に取り組んでいる歯医者さんに聞いてみました!「お口の中に住み着いている虫歯菌は、さまざまな糖類を栄養分にして有機酸を作ります。この酸によって歯が溶けることで、徐々に虫歯は進行していきます。たしかに母乳には乳糖が含まれていま…

乳歯が抜けそう!どうする?

肉を食べると歯が抜ける双子間のジンクス【双子を授かっちゃいましたヨ☆ 第35話】あと3ヶ月ほどで7歳になる双子ですが、思ったよりまだ歯が抜けていません。こまめは先月前歯2本抜けたのですが、のまめがまだ「ぐらぐら」止まりで「早く抜けないかなー」ってつぶやいてました。そしたらこまめが自分の体験をもとに「お肉を食べると抜けるから食べなよ!」って力説してまして(お弁当の中に入っていた肉を食べたときに抜けたんだって)「まさか」と思いながらも一昨日の夕飯はお肉を出しました。そしたら!まさかの!(笑)本当に抜けてびっくりしました(笑)こまめが抜けたときはお肉関係なく「いつ抜けてもおかしくない状態」だったからさほど驚かなかったけど、のまめはたぶんお肉の固さでガリッっとやっちゃったみたいで…
娘5歳、はじめて「乳歯」が抜けるかも、とワクワク♡ところが…出典 : Upload By ゆずぽん出典 : Upload By ゆずぽん出典 : Upload By ゆずぽん出典 : Upload By ゆずぽんあんなに歯が抜けるのを楽しみにしていたのに抜けちゃったあとの歯には、興味なかったんでしょうか・・・?(笑)次こそは抜けたら、知らせてほしいです!

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.