ビューティ情報『効果的なシャンプーやツボ、ブラッシングの頻度…ホームケアの基本をまとめてご紹介』

効果的なシャンプーやツボ、ブラッシングの頻度…ホームケアの基本をまとめてご紹介

2018年3月12日 12:00
 

シャンプーの効果を正しく発揮する洗い方とは?

ズバリ!泡立てが大事です。
たっぷり地肌まで水分を含ませた状態で、シャンプー剤を空気を含ませながら泡立てます。そうすることによってきめ細やかな泡立てができます。地肌から毛先まで泡がいきわたっているようにしましょう。

シャンプーは指の腹を使ってマッサージするように洗います。指圧のマッサージ効果で血行促進作用もあります。
最後にはしっかりとシャンプー剤が残っていないように洗い流しましょう。
シャンプー剤の流し残しは、フケやかゆみの原因にもなりますので注意しましょう。

ちなみに・・・ブラッシングはどのくらいのペースですればいいの?

クッション性の高いマッサージブラシは、地肌の血行促進にもなるので毎日行っても問題ありませんが(シャンプー前がおすすめ)、何度も髪をとかすと摩擦ダメージの原因につながるのでご注意ください。

関連リンク

・40代の困り髪に「効いた」リアルな対策は?朝から晩までケアテク辞典【特集オトナの髪悩み】
・普段から老廃物を溜め込まない生活を!簡単セルフデトックス法
・【毎日続けて美胸をGET!】バストアップできる、村木式セルフマッサージ
効果的なシャンプーやツボ、ブラッシングの頻度…ホームケアの基本をまとめてご紹介


シャンプーの時に意識したいマッサージのツボは?

主にフェイスライン、頭頂部に多く存在します。前頭部には顔のシワやたるみに影響し、エイジングに効果的です。
正中線(前面・背面の中央を頭から縦にまっすぐ通る線のこと)の指圧には頭痛や薄毛に。
側頭部や、黒目の後ろ、前頭葉は目や顔の疲れに効きます。

お家でのトリートメントは時間を置いた方が良い?

効果的なシャンプーやツボ、ブラッシングの頻度…ホームケアの基本をまとめてご紹介


時間を置くことで浸透が促進されるのでより効果的です。
ホットタオルもオススメです。
ただし、地肌にトリートメントがつかないように注意しましょう!

ヘアパックとマスクは意味があるの?

特に髪のダメージが気にならない方は必要ありませんが、集中ケアとしてオススメです。
ダメージ毛に必要な成分を補い、守ってくれます。
毎日行うと過剰ケアになり過度な重さなどが残ってしまうモノもある為一般的にはダメージに合わせて定期的にご使用ください。

効果的なシャンプーやツボ、ブラッシングの頻度…ホームケアの基本をまとめてご紹介


地肌ケア、髪のケアの違いは?

地肌の細胞は生きていて、髪の細胞は死んでいます。
なので、それぞれ別のケアが必要です。

◆地肌
お顔と同じように清潔に保って、皮膚や細胞にアプローチするケアが必要です。

◆髪
髪に含まれる成分と同じような成分を補い、日常ダメージを防ぐため、保湿・保護してあげるケアが必要です。

効果的なシャンプーやツボ、ブラッシングの頻度…ホームケアの基本をまとめてご紹介


普段お客様から髪のお手入れについてはよく質問されます。
小さな疑問を解決することがヘアスタイルを綺麗に維持するにはとても大切です。

気になることは、どんな事でも聞いてみましょう!

≪writer≫
木村 文一(キムラ ブンイチ)

≪所属美容室≫
Terrace AOYAMA(テラス アオヤマ)
住所:東京都港区南青山2-27-6 Reve南青山2F
TEL:03-3408-5196

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.