2015年12月11日 05:15|ウーマンエキサイト

出産はデトックス?! 妊娠期間で体質が変わるきっかけに

鈴木元
専門家 (銀のすず 院長)
鈴木元
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
「上手に出産を迎えると、それまで悩んでいた体質を変えられる」という話を聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。さて、実際のところはどうなのでしょう? 『マタニティ&ママのための鍼灸アロママッサージ院・天使のたまご』総院長の鈴木さんに解説していただきました。

目次

・出産は最大のデトックス?
・出産だけでなく、妊娠期間そのものが体質を変えるきっかけになる

出産を機に体質が変わったという話をよく聞きますが、医学的にはどうなのでしょうか?

© BillionPhotos.com - Fotolia.com


出産は最大のデトックス?

世間では「出産は最大のデトックス」という言葉があります。
10ヵ月間、体内で成長した赤ちゃんとともに、胎盤や羊水、血液を体の外に排出するので、そう言われているのかもしれません。

個人差がありますが、長時間の分娩中はフルマラソンを走ったぐらい汗をかき、疲れるという人もいます。また、もともと体内に老廃物の多い人は産後、母乳を赤ちゃんに飲んでもらうことで母体の余分なものを出すことができ、それが体質改善につながるということもあるでしょう。

しかし、西洋医学的には「出産とデトックスはあまり因果関係がない」と言われています。胎盤や羊水などを排出すると言っても、実際に排出する量はあまり多くないため、そこまで関係があるかどうか判断がつきにくい、ということのようです。

一方、東洋医学では、出産は体内から気の塊である胎児を生み落し、さらにエネルギーである気(き)血(けつ)を消耗すると考えられています。そして、産後まもなく始まる授乳も、血液から生成される母乳を出すことでエネルギーが消耗すると考えられます。

つまり、東洋医学では「出産や育児は消耗することが多い」と考えられているわけです。この消耗をデトックスと捉えることもできるかもしれませんが、産後は内臓が冷えやすく、体力が回復しにくい状況にあり、あまり無理をすると産後の肥立ちが悪くなることもあります。

したがって出産は、単にデトックスだけでなく、諸刃の剣となるおそれがあるということを忘れてはなりません。私たちの体は「ちょうど良い」のがいいのです。出しすぎも、出さなすぎも調子を悪くしてしまいます。
鈴木元
鈴木元の更新通知を受けよう!
確認中
鈴木元
鈴木元の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
鈴木元
鈴木元の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
鈴木元
鈴木元をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
鈴木元
鈴木元の更新通知が届きます!
フォロー中
鈴木元
鈴木元の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.