女と髪と人生と

ファッション・クリエイティブ・ディレクター軍地彩弓が自らの経験を元に語る、美容コラム。ファッションから世の中の潮流を読み解く、独自の視点で、「女と髪」の関係について語ります。

特集へ戻る

【軍地彩弓コラム#06】春だから、 新しい服、新しい自分

 

[PR]

ウーマンエキサイトをご覧のみなさま。ファッション・クリエイティブ・ディレクターの軍地彩弓です。

やっと春到来です。桜もちらほら咲き始めて、コートもやっと軽めトレンチにチェンジ。こうなると、新しい服、新しい靴で出かけたくなりますね。全身は無理でも、一点だけ買うだけで、ぐっと春気分がアップします。

じゃあ、おすすめは何かというと、今年ならボリューム袖のシャツを一枚買い足すのはどうでしょう? 今CMでも話題になっている「盛り袖」シャツです。
流行がなかなか生まれなくなった今、それでも新しい服を買うことに意味があると私は思っています。新しい服は新しい自分だからです。

いつものクローゼットを眺めて、いつもの服を着る。こういうルーティンな日々も悪くはないけど、習慣も、癖も、日常を変えないとなかなか変えるのは難しいのです。

鏡の中の自分は着実に歳をとって行きます。1年が過ぎるのが加速度を増して早く感じませんか?それだけの速度で着実に自分は老化に向かっているのです。

だから似合っていたはずの定番ジーンズや白シャツも似合わなくなっている。若い頃褒められたワンピースが急に野暮ったく見えてくる。その理由は、服は変化しないけど、私たちの体も顔も着実に歳を重ねているからなのです。

そこで、自分の変化に合わせてシーズンに1着でもいいので「新しい服」を買いましょう。それは重ねた年齢を勲章にできるような一枚です。新しい服は新しい自分なのですから。

よく男性が「こんなに服があるのになんで女は“着ていく服がない”っていうんだ」と言いますが、そう言われたら「だってここにあるのは過去の私だから」。と言い返しましょう。

そして、春新しい服を買ったら、ヘアスタイルを見直しましょう。今年の盛り袖シャツには、キリッとしたショートカットが似合います。全身を鏡に映してみましょう。バランスの良さを作るためには、実はヘアスタイルが大切なのです。ファッション雑誌を開いて、おしゃれの見本を見つけたら、ヘアサロンでオーダー。きちんとヘアケアも忘れずに。

ボトムはデニムでもいいですね。新しい自分になったら、お出かけしましょう。ウインドウショッピングをしている、その鏡に映ったあなたはちょっとだけアップグレードしているはずです

新しい服で新しい自分。そして、春は新しい出会いの季節です!

⇒老けない人のヒミツは「顔」より「頭皮」にあった!!>>>

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.