ビューティ情報『100円ショップでも売っている人気除草剤にがん発症リスク』

2018年8月24日 06:00

100円ショップでも売っている人気除草剤にがん発症リスク

100円ショップでも売っている人気除草剤にがん発症リスク


アメリカの大手化学メーカー、モンサントの除草剤「ラウンドアップ」が原因で悪性リンパ腫を発症したと訴えていた、末期がん患者の男性(46)に対し10日、カリフォルニア州サンフランシスコの裁判所は、男性の訴えを認め、モンサントに約320億円(2億8,900万ドル)という巨額の支払いを命じた。

この男性は、学校の校庭整備の仕事をしていたが「ラウンドアップ」を繰り返し使っていたという。農薬問題に詳しい、東京女子医科大学東医療センター麻酔科非常勤講師の平久美子医師に解説してもらった。

「訴えを起こした男性は、悪性リンパ腫の一種で、白血球が関与する非ホジキンリンパ腫を発症しています。日本の厚生労働省は、その発症要因として免疫不全、細菌やウイルス感染、除草剤、有機塩素系殺虫剤、放射線被ばくなどを挙げています。今回の判決は、『ラウンドアップ』の影響があるかどうかわからないことが多いと推測されますが、モンサント側が注意喚起を行わなかった点が問題だと司法が判断したのです」

この除草剤については、同じような訴訟がアメリカで5,000件以上起こされているという。平先生が「ラウンドアップ」の特性についてこう指摘する。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.