ビューティ情報『今年の冬は「着る湯たんぽ」で温活をサポート!』

2015年12月8日 16:00

今年の冬は「着る湯たんぽ」で温活をサポート!

今年の冬は「着る湯たんぽ」で温活をサポート!
病気リスクも回避する着脱可能な温感調整株式会社グッズマンは、心も身体もも温まるお湯の要らない『Happy Warmer(ハッピーウォーミー) 池下先生の湯たんぽ温浴』シリーズより、『ベスト』『スリッパ』『クッション』を現在発売している。

女性の身体にとって大敵な冷えを撃退するために、いけした女性クリニック銀座院長である池下育子氏の監修のもと開発された同品は、お湯の要らない湯たんぽ、遠赤スチームビーズで出来た「温浴スパバッグ」を電子レンジで温めて、3タイプある『ベスト』、『クッション』、『スリッパ』に内蔵する仕様の商品だ。

肌ざわりも抜群に柔らかい、極細繊維のクリスタルフリースと間のマイクロ綿が、熱の層を作り温まった体温をしっかりキープする。

がんが好む冷えから守る日本人の多くは、乳がんや子宮がん、大腸がんなどが見られる。冷えることで内臓の働きが低下し、免疫力も弱まり、がん細胞が活発に増殖するといわれている。

免疫力は血液の質と流れに大きく密接しており、身体が冷えていると血液の流れ自体が悪くなりリンパ球が十分に活躍出来ず、病気やがんのリスクが高まるのだ。

冷えを自覚していなくても、体温が36.5度なければ内臓に欠かせない酵素は元気に働くことが出来ず、がん細胞の好む環境になってしまうため、簡単に体温を上昇させられる同商品で、身体を温めて免疫力アップさせ、効率よく温活の出来る新習慣をサポートする。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.