美容医療業界人気の“ボトックス治療”に外来治療が開設!

2016年8月15日 22:15
 

世界最高レベルのボトックス様成分55%配合のシワ治療美容液「4Dボトリウム」シワ美容を望むすべての女性に朗報だ。アンチエイジング美容を事業展開している、医療法人社団シーズ・メディカルグループ「シロノクリニック」より、2016年8月からボトックス外来の開設が発表された。

それと同時に、院内処方薬でシワ治療美容液【4Dボトリウム】が開始されるという。院外処方であれば、薬局に手配してもらわなければならないが、クリニックで処方してくれるのだから手軽に済むのもありがたい。

4Dボトリウムとは?世界最高峰レベルのボトックス様成分55%を配合した、シワ治療美容液の院内処方薬である。目尻や眉間などの気になるシワの解消や、ボトックスの治療後の持続効果のアフターケアにも使用可能。ボトックス治療者においては、なくてはならない薬だ。

気になる4Dボトリウムの成分主な成分として、ボトックス様成分55%[アルジルリン、マイオキシノール、ロイファシル、シンエイク、イニーラン、ミオセプト]及び浸透促進成分、被膜リフト成分、さらに金コラーゲン、αリポ酸、コエンザイムQ10、その他の各種保湿成分だ。

そもそもボトックスとは?アラガン社製の小じわ解消注入剤「ボトックスビスタ」は、国内で唯一製造販売承認を取得しているA型ボツリヌス毒素製剤の事。2009年には、65歳未満の成人における眉間の表情ジワに対する効能、効果として、厚生労働省に承認されている。さらに2016年5月には、65歳未満の成人の眉尻の表情ジワに対しても厚生労働省に承認された。

4Dボトリウムの処方を開始した理由もともと、1995年に開院したシロノクリニックでは、当初よりボトックス注入治療を行っていた。20年以上が経過し、症例も10万例を超えたのだが、今までの治療ではアレルギーの方へは施術できずにいたのだという。

そこで、今までの経験を踏まえてボトックス外来を開設。クリニックだからこそ薬として処方できる4Dボトリウムを導入し、ボトックス治療に更なる革新を起こすことになったようだ。

(画像はプレスリリースより)

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.