ビューティ情報『短時間睡眠でも早起きが良い理由とは?』

2015年2月19日 08:00

短時間睡眠でも早起きが良い理由とは?

短時間睡眠でも早起きが良い理由とは?


早起きを目指すと、どうしても短時間睡眠になってしまう可能性があります。短時間睡眠でも早起きしたほうがいい理由をご紹介します。

これを機に、早起きスタイルを取り入れていきましょう。

「早起きは三文の得」は本当か?

「早起きは三文の得」とよく言われますが、短時間睡眠の場合でも早起きしたほうがいいのでしょうか?

朝早く起きると、朝の時間を楽しむ余裕が生まれ、昼間の時間を十分に活用できるようになります。朝型にシフトしていきたいと考えている方も多いのでしょうか。

しかし、今まで夜型の生活だった人が、いきなり生活リズムを朝型に変えるのは難しいことです。早起き習慣が定着するには最低10日は必要と言われています。

三文の得を得るのも簡単ではないのです。生活リズムが安全に変化するまでは短時間睡眠が続いてしまうかもしれませんが、ぜひ挑戦してみてください。

短時間睡眠が引き起こす眠気

短時間睡眠だと、どうしても昼間の時間に眠くなってしまいます。お昼ご飯の後など、つらいときは仮眠をとって調整しましょう。

また短時間睡眠の場合、体は自然と早く帰って眠ることを求めています。そのためにも、残業しないようにコントロールしたり、お酒の誘惑に負けずに早く帰宅するようにしましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.