ビューティ情報『若者から中高年まで眼精疲労の相談倍増 リモート会議などで近見作業増加が背景に』

若者から中高年まで眼精疲労の相談倍増 リモート会議などで近見作業増加が背景に

電子機器が普及することにより、豊かな暮らしを得ることができた一方、眼精疲労の患者が年々増加しています。医療法人アメミヲヤ 江坂まつおか眼科(院長:松岡 俊行、所在地:大阪府吹田市)では、眼精疲労を訴える患者が、新型コロナウイルスが流行する前と比べ、2023年2月10日現在では倍以上に増えています。これは、リモート会議やスマートフォンの普及、おうち時間の増加により、手元の作業が増えたことが背景になっています。

【スマホ所持率増加 2022年のスマートフォン比率は94.0%】

若者から中高年まで眼精疲労の相談倍増 リモート会議などで近見作業増加が背景に

眼精疲労 グラフ

近年、スマートフォンやタブレット、パーソナルコンピューター(以下 パソコン)などの電子機器が普及しており、今や日常生活では欠かせないものです。モバイル社会研究所の2010年から2022年の一般向けモバイル動向調査によると、スマートフォン、携帯電話所持者のうち94%がスマートフォンを所持しています。新型コロナウイルスの影響で、多くの会社や学校がリモートワークやリモートでの授業となり、スマートフォン、タブレット端末、パソコンといった電子機器の使用頻度が増えたことが原因ではないかと考えられます。

【コロナ禍で患者急増 リモートワークや授業で眼精疲労増加か】
当院では眼精疲労の患者が急増しており、コロナ禍前と比べて倍以上になっています。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.