子育て情報『「痩せやすい時間」と「太りやすい時間」』

2019年5月25日 18:05

「痩せやすい時間」と「太りやすい時間」

目次

・痩せやすい時間
・太りやすい時間
・著者:マスダトモミ
ダイエットのイメージ


みなさんは、何時に寝て何時に起きますか?

人によって、1日の生活リズムで「痩せやすい時間」と「太りやすい時間」があるのです。

今日は、そんな時間についてお話をしようと思います。

痩せやすい時間

朝と昼は食事から摂取したエネルギーが代謝などに使われます。そのためしっかり食べる事をおすすめします。特に1日の始まりの朝食はしっかり食べましょう。

体が目覚め、脳に栄養が届くなど、朝食を摂るメリットはたくさんあります。

小麦は体を冷やすので、できればご飯のほうがおすすめです。
もちろんまったく食べてはいけないというわけではなく、パン派の方も、たまにでいいのでご飯を食べてくださいね。

一番痩せやすい時間は、起床後7〜8時間位と言われています。

朝7時に起きる人は14時から15時と、ちょうどおやつの時間。

3時のおやつという言葉がありますが、これは理にかなっているのですね。

とはいえ、もちろん食べ過ぎはNGですよ。ダイエット中のおやつは1日200kal以内を目安にとってくださいね。

ケーキやクッキーなどの甘いものではなく、ナッツやヨーグルトや煮干しなどなどの素材に近いものがベターです。

太りやすい時間

起床後、15時間経過したころが一番太りやすいと言われています。
※朝7時に起きる人は22時くらい。

夜は副交感神経が働き栄養を蓄えようとします。
胃腸の消化吸収力も朝昼から比べると3倍ほど増え、体が貯蓄モードになります。

とはいえ、夜は飲み会や食事会などでおつきあいが多いですよね。
そんなときは、その前後の日を使って食事を調節してみましょう。

また、寝るすぐ前の食事は肥満のもとにもなりますので寝る2時間前までに食事を終わらせるようにしましょう。

痩せやすい時間と太りやすい時間がある事を知って、食事を摂る時間帯を見直すのも良いですよね。

著者:マスダトモミ

静岡在住2児のママ、ヒールウォーキングインストラクター、一般社団法人日本靴育協会シューズアドバイザー、日本ダイエット健康協会ダイエットインストラクターとして活動中。

※妊娠中は医師の指導がない限りダイエットは控えましょう。産後は1カ月健診以降、医師に相談して無理のない範囲でおこないましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.