子育て情報『「えっ!?次男の爪がない!」家族で出かけた翌朝、まさかの事態に驚愕!』

2020年9月29日 10:30

「えっ!?次男の爪がない!」家族で出かけた翌朝、まさかの事態に驚愕!

目次

・家族で大きな水族館へ!
・翌朝、まさかの事態に!
・病院に行ってみると…
・著者:田丸あかね
爪をケアする親子


夏の旅行は、毎年子どもたちの行きたいところと決めているわが家。この年は、次男が大好きな水族館に行ったのですが……まさかの事態に! せっかくの旅行中に次男が想像もしなかったケガをしてしまった体験談をお話しします。

家族で大きな水族館へ!

幼稚園年長の長男と年少の次男と私たち夫婦で、県内で一番大きな水族館に行きました。前の年までは抱っこをせがんでいた次男がしっかりと自分で歩いてくれるようになり、成長を感じた日でもありました。

魚や水辺の生き物を見たり触れたりすることができて、子どもたちは大興奮! 夜のイルカショーを見てから、館内の宿泊施設へ。夜までたっぷり遊んだ疲れもあり、家族でぐっすり眠りました。

翌朝、まさかの事態に!

「ママ、大変! ○○(次男)の足が!」。長男にそう言われて見てみると、なんと次男の足の親指の爪がありませんでした。昨日は元気に歩いていたのに何があったのかと聞いてみると、「自分でやった」とのこと。生爪を剥いだと聞いて、そういうものが苦手な私はもう血の気が引きました。

急いで近くのドラッグストアに行き、消毒と剥がれにくいばんそうこうを購入。出血はなく、ピンク色の肉が見えている状態の足の親指にばんそうこうを巻きました。本人が痛がらないので、病院へは行かず様子を見てみることに。

それでも歩かせると出血したり痛みが出たりするのではと思い、前日とは打って変わって次男は常に抱っこで移動。いろいろ観光する予定でしたが、チェックイン時間すぐにホテルに入るしかありませんでした。

病院に行ってみると…

旅行から帰り、小児科に行くと「サッカーをやっている子どもは、爪が剥がれやすくなってしまうことがよくあるんです」と言われました。次男はまだサッカーを始めてはいませんでしたが、長男と一緒にボールを蹴ったりしていました。ということは、旅行に行く前から前兆があったのでは……。私がもう少しきちんと次男の爪をチェックしておくべきだったと反省。せっかく楽しみにしていた旅行中にケガをさせてしまったこともショックでした。

その後、爪は無事元の状態に戻ったのですが、次男は爪を剥くのが癖になってしまったようで、テレビなどを見ながら剥いてしまうことも! 子どもの爪は伸びるのが早いので、伸びすぎる前に切ることと、足もすぐに大きくなるので靴に爪が当たらないよう靴のサイズも注意してみなければと思っています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.