子育て情報『「もう帰る!」次男の涙の訴えに反省「1人ぼっちにさせてごめんね…」』

2020年10月4日 13:30

「もう帰る!」次男の涙の訴えに反省「1人ぼっちにさせてごめんね…」

目次

・公園に行くのが日課
・長男が自転車の練習を始め、ひとりで遊ぶ次男
・「もう帰る!」と泣く次男
・著者:西川しょた
すねている男児


私は4歳、2歳の息子、生後6カ月の娘のパパです。2人の息子とはよく一緒に公園へ行きます。長男は現在補助輪を外して自転車の練習中。その一方、ひとりでボール遊びをしている次男。気づけば長男の相手ばかりしてしまっていました。そんな次男に「いつも遊びに付き合ってあげられなくてごめんね……」と感じた体験談を紹介します。

公園に行くのが日課

私と2人の息子は公園に行くことが日課の1つとなっており、仕事が終わって帰ると「パパ、公園に行くよ!」と元気よく迎えてくれます。仕事が遅くなってしまったとき、雨が降ったとき以外は毎日公園に行っています。

いろいろな遊具があるなかで、公園では2人一緒に遊びながら過ごすことが多いです。サッカーボールを蹴ったり、ブランコに乗ったり、滑り台で遊んだりしていました。

長男が自転車の練習を始め、ひとりで遊ぶ次男

いつも公園では一緒に遊んでいた2人の息子ですが、長男が4歳になったときに補助輪を外して自転車に乗る練習を始めました。もちろん最初はうまく乗ることができず、私は長男につきっきり。

練習している間、私は次男がひとりで遊ぶ様子を遠目で見ることしかできませんでした。しかし、特に不満そうな表情もなく、ボールを蹴ったり追いかけたりして遊んでいたので、私も安心して自転車の練習に付き合うことができていました。

「もう帰る!」と泣く次男

公園に行っても、私は自転車の練習に付き合うことが多くなりました。練習は最初の10分だけと決めて、その後は息子たちと3人で遊んでいました。しかし、いつものように自転車の練習をしていると、急に「もう帰る!」と泣き出す次男。理由を尋ねると、「自転車イヤ。にいにばっかり!」と……。

私はひとりで不満なく遊んでいた様子に安心していましたが、このとき初めて次男はひとりで寂しい思いをしていたことに気づきました。いつも遊びにつきあってあげられなくてごめんね……と思いました。

次男にとっては、公園ではいつも長男とパパと3人で遊んでいたにも関わらず、ひとりの時間が増えてしまっていました。「不満はないのかな?」と思っていましたが、やはり寂しく感じていたのだと申し訳なく思いました。これからは、自転車の練習中も次男に声をかけながら見守り、練習後は次男がしたい遊びで思いっきり遊んで寂しい思いをさせないようにしていきたいです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.