子育て情報『「今日はクリーニング行ってよね」妻を召使いだと勘違いしてない?ありえない夫の態度にイラッとして』

2022年6月30日 18:30

「今日はクリーニング行ってよね」妻を召使いだと勘違いしてない?ありえない夫の態度にイラッとして

娘が生まれたあとも、仕事と自分にしか興味がなく育児を他人事のように思っている夫。家族に関心がなく、育児も家事も妻がやって当然だという態度に、妻は悶々としていた。

ある晩、せっかく寝かしつけたばかりの娘を夫が帰宅した音で起こしてしまい、妻は仕方なく抱っこ紐で外へ連れ出して、ようやく寝かしつけた。

家へ帰ると、夫が脱ぎ捨てた下着と、丸まったままの靴下が転がっている。ソファにはズボンが置いてあった。

「クリーニングに出しておけってことね……」

昔のカズ君は、やさしくて思いやりのある人だった。でも今では、「主婦なんだから家事は私が全部完璧にやるのが当たり前」だと思ってる。

結ちゃんの機嫌が悪くて、外出できない日が続いたある日、夫は……?!

夫のありえないお願いの仕方に、イラッ……!

「僕と帰ってこない妻」第260話


「僕と帰ってこない妻」第260話


「僕と帰ってこない妻」第260話


「僕と帰ってこない妻」第260話


「僕と帰ってこない妻」第260話


「僕と帰ってこない妻」第260話


「僕と帰ってこない妻」第260話


「僕と帰ってこない妻」第260話


「僕と帰ってこない妻」第260話


「俺のスラックス、ここ2日間置きっぱなしじゃやない? クリーニングは?」

「そろそろ使いたいから、今日は行ってよね」

妻や子どもの都合なんて、お構いなし。

お願いではなく、妻がやって当然だと思っている言い草。

その後も、夫婦で食事中に娘が泣き始めても見向きもせず、スマホをいじり続け、箸を止めることさえしない夫。 

食卓に戻ると、食べ終わった食器はそのまま放置して、スマホを見て楽しんでいる……。

私はこの先ずっと、当たり前のように搾取され続けるの?

ずっと、彼にとって「当たり前に育児と家事をやる人」でいないといけないの?

相変わらず家ではスマホばかり。家事どころか育児さえしない。そんな夫に嫌気がさす。

著者:マンガ家・イラストレーター ちなきち

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.