子育て情報『「少しでも反応が遅れていたら娘は…」妻が守っていれなければ死んでいた…驚愕の事実を知り涙を流して』

2022年10月8日 18:30

「少しでも反応が遅れていたら娘は…」妻が守っていれなければ死んでいた…驚愕の事実を知り涙を流して

妻が離婚を決意し実家へ戻ってしまった。夫はこれまで妻子にしてきた言動を後悔し、関係修復を図るため、育休を取ると決意。しかし、義実家へ向かう途中、妻子の住む場所で大地震が発生してしまい、必要な物を買い込んで家族の待つ避難所に到着した。

「俺が『明日また話がしたい』ってお願いしたのに、仕事に行って、地震の時も近くにいてあげられなくて……約束破ってごめん」

娘にお茶を飲ませているときに大きく揺れ、食器棚の一部が娘に向かって飛んできたという。

娘を守ることに必死で、その危険な状況をどう回避したのか覚えてないと言う妻。「怖かった……」と、膝を抱えて座り込んでしまった。

自分が約束を破ってしまったばっかりに、妻子に怖い思いをさせてしまったと知った夫は……?

「少しでも反応が遅れていたら」妻から恐怖の体験を聞いて

「僕と帰ってこない妻」第360話


「僕と帰ってこない妻」第360話


「僕と帰ってこない妻」第360話


「僕と帰ってこない妻」第360話


「僕と帰ってこない妻」第360話


「僕と帰ってこない妻」第360話


「僕と帰ってこない妻」第360話


「僕と帰ってこない妻」第360話


「僕と帰ってこない妻」第360話


「僕と帰ってこない妻」第360話


「僕と帰ってこない妻」第360話


「僕と帰ってこない妻」第360話


「ふとした時に考えちゃうの。もし、あのとき少しでも反応が遅れてたらって……」

「ありがとう! 結を守ってくれて……近くにいてあげられなくてごめん!」

座り込み、「怖かった……」と言う妻をギュッと抱きしめ、夫はポロポロと涙を流した。地震が来たとき、もしすぐそばに妻がいてくれなかったら、今ごろ娘は……。そう考えるだけで、胸が苦しくなる。

とにかく無事で、本当によかった……! 娘を守ってくれた妻には感謝しかない。ただギュッと、強く抱きしめることしかできなかった。

著者:マンガ家・イラストレーター ちなきち

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.