子育て情報『「よかったら…」靴擦れで痛む足、泣きだした娘…寝坊して大慌ての朝、私を助けてくれた救世主とは!?』

2023年6月16日 00:30

「よかったら…」靴擦れで痛む足、泣きだした娘…寝坊して大慌ての朝、私を助けてくれた救世主とは!?

目次

・寝坊して朝から大慌て!
・見知らぬ人のやさしさに触れて…
・著者:伊東理恵子
「よかったら…」靴擦れで痛む足、泣きだした娘…寝坊して大慌ての朝、私を助けてくれた救世主とは!?


1歳の娘が通う保育園までは、電車を降りて駅から歩いて15分ほど。その途中に階段があるため、娘を抱っこひもで抱えて通園していました。
そんなある日、寝坊してしまい、なんと事件が! 暑い日だったので特に何も考えず、おろしたてのサンダルを履いたことがあだとなって……!?

「よかったら…」靴擦れで痛む足、泣きだした娘…寝坊して大慌ての朝、私を助けてくれた救世主とは!?


「よかったら…」靴擦れで痛む足、泣きだした娘…寝坊して大慌ての朝、私を助けてくれた救世主とは!?


寝坊して朝から大慌て!

仕事で残業が続き疲れていたせいか、目覚まし時計のアラームをかけ忘れてしまい、普段より30分も遅く起きた朝のことです。普段はまずカーテンを開けて徐々に娘を起こすのですが、この日は娘にすぐ声かけをしたので不機嫌になり、案の定大泣き……。

いつもゆとりを持って娘に食べさせていた朝ごはんも、私が慌ただしくしていたため、なかなか泣き止まず食べてくれません。自分の身なりは後回しにして急いで玄関に向かいました。そして、少しだけ自分の気分をあげようと思い、新しいサンダルを履いていくことに。


見知らぬ人のやさしさに触れて…

電車に乗っているときは気に留めていませんでしたが、急いでいたので早歩きし始めると、かかとがどんどん擦れてしまい、痛みが……! 娘は電車の中では寝ていたのですが、下車して歩いている途中でふと目を覚まし泣き始めました。娘をあやすのに必死でしたが、どんどん足が痛くなり、足を引きずるようにして歩き続けていた私。

そのとき、ふいに後ろから肩をたたかれ、振り向くとサラリーマンであろう男性に声をかけられたのです。そして「大丈夫ですか?」と心配そうな顔をして、子どもに人気のキャラクターが描かれたばんそうこうをくれたのです。

私がお礼を言うと「お互いさまですよ! 朝から大変ですね」とひと言。すでに心も体もヘトヘトだった私は、この心遣いに心が少し軽くなり、その後、無事に保育園に着きました。

見知らぬ男性がくれた、キャラクターのばんそうこうが私に元気をくれました。毎日せわしない朝を過ごし、娘の大泣きと日々格闘していますが、心に少しの余裕を持ち、他人への心遣いを持ち続けていたいと強く思う出来事でした。
その日から、私はいつもばんそうこうを持ち歩くように。いつか誰かのお役に立てたらいいなと思っています。

作画/キヨ

著者:伊東理恵子

4歳の娘と夫との3人暮らし。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2023 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.