子育て情報『「母親らしい格好って…?」母になったらおしゃれを諦めるべき?同居家族に否定されてつらかった日々』

「母親らしい格好って…?」母になったらおしゃれを諦めるべき?同居家族に否定されてつらかった日々

目次

・母親にばっちりメイクはNG?
・母親はシンプルな服装じゃないとダメ?
・著者:吉川 みきな
「母親らしい格好って…?」母になったらおしゃれを諦めるべき?同居家族に否定されてつらかった日々


シングルマザーで実家に暮らしていた当時、同居していた母から、私の化粧を否定するようなことを言われ、祖母からは出かけるたびにファッションチェックが入っていました。私は「親になると、おしゃれを諦めなくちゃいけないの? 母親らしい服装ってどういうこと?」といつも葛藤していました……。


「母親らしい格好って…?」母になったらおしゃれを諦めるべき?同居家族に否定されてつらかった日々


「母親らしい格好って…?」母になったらおしゃれを諦めるべき?同居家族に否定されてつらかった日々


母親にばっちりメイクはNG?

これは、現在中学生の長女が1歳だったときの話です。当時、私はシングルマザーだったので、実家に同居させてもらっていました。実家には、両親と祖母、妹が住んでいました。ある日、私が長女と出かけようと洗面所で化粧をしていると、母が「母親なのに、そんなに化粧する必要あるの? 子どもたちが小さかったときは、お母さんにはそんな時間なかったわ」とひと言。

当時、私はカラーコンタクトやつけまつげもしていて、「化粧した自分の顔のほうが好きだから」と答えましたが、母親はため息をついて去っていきました。


母親はシンプルな服装じゃないとダメ?

また別の日、私が娘と出かけようとしたときにリビングに下りると、祖母が「そんな格好で出かけるの? 母親らしくしなさい」と言ってきたのです。そのときの私の服装は、ダメージデニムにTシャツでした。

子どもが急に走りだしても追いかけられるように、私は動きやすい服装にしたつもりだったので、祖母に「母親らしい格好ってどんな格好?」と聞くと、「もっとちゃんとした、きれいな格好だよ」と言う祖母。おでかけのたびに、祖母に会うと服装に難癖をつけられるのが、とてもストレスでした。

当時は実家に住まわせてもらっていたので、母親や祖母にあまり強く言うことができなかった私。化粧やおしゃれな服装をしていることで育児を疎かにしているつもりはなかったので、とても不満に感じていました。その後、長女が2歳のときに別々に暮らすようになってからは、心からおしゃれを楽しんでいます。 

著者:吉川 みきな

14歳女の子と4歳男の子、0歳の年の差兄弟を育てている母。
反抗期の娘とイヤイヤ期の息子の育児に日々奮闘中。上の子を出産後に大学に通い、看護師の資格を取得。現在は看護師としてパート勤務をしている。

イラスト制作者:マンガ家・イラストレーター こちょれーと

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.