2015年11月28日 04:15|ウーマンエキサイト

気をつけて! 早期教育や習い事の落とし穴(「幸せ力」の育て方 Vol.2)

佐々木月子
ライター
佐々木月子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
前回、「想像力が大切」というお話を内田伸子先生に伺いました。
ほかにも幼児期から伸ばしておきたい大切な能力があります。それは、自分で考える力「自律的思考力」です。

ところが早期教育や習い事によって、この自律的思考力が失われることがあるそう。内田先生のお話をもとに詳しくお伝えします。

「子どものため」と思って行う早期教育には思わぬ落とし穴が

© kdshutterman - Fotolia.com


早期の詰めこみ教育は百害あって一利なし

「子どもの頃の知能が大人になっても維持されるのか、心理学ではずいぶん昔から研究されてきました。
その結果わかったのは、早くから先取りの学習をすることは、大人になってからの成功や幸せを保証するものではないということです」

小さい時の知能は、「よい学校に入学し、よい会社に就職して、経済的にゆとりのある生活ができるかどうか」または「自己実現にむかって充実した人生を送れるかどうか」ということとはあまり関係がないのだそうです。

「それどころか、先取り学習は子どもの成長にマイナスの影響を与えることがあります」と内田先生は警鐘を鳴らします。

せっかく訓練をしても、何もしなかった子たちに追いつかれる

「『子どもの発達研究の分野のパイオニア』といわれるアメリカの発達心理学者、アーノルド・ゲゼルが、幼児期の一卵性の双子たちを別々にした比較研究をしました。

1つのグループには階段の昇り降りや積み木の遊び方を訓練し、もう1つのグループには何の訓練もしませんでした。
直後に行ったテストでは訓練をした子どもたちのほうが成績がよかったのですが、3ヵ月ほど経つと訓練しなかった子どもたちが追いついたのです」

これは、訓練をしても意味はない、というだけではありません。
その後、これらの子どもたちを思春期まで追跡調査したところ、驚くべきことがわかりました。
佐々木月子
佐々木月子の更新通知を受けよう!
確認中
佐々木月子
佐々木月子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
佐々木月子
佐々木月子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
佐々木月子
佐々木月子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
佐々木月子
佐々木月子の更新通知が届きます!
フォロー中
佐々木月子
佐々木月子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.