2016年6月8日 07:00|ウーマンエキサイト

未就学児におすすめ! 近場の海外でサマースクール&サマーキャンプ2016(香港編)

徳武 加奈子
ライター
徳武 加奈子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

目次

・4時間ちょっとのフライトで到着! 香港は英語を学ぶのにピッタリの場所
・サマースクールに参加するのは地元っ子が多い
・「香港インターナショナルスクール」でみっちりアメリカン英語を学ぼう
・生後3ヶ月から体験できるサマーキャンプ「Baby Buddies, Alison's Letterland」
・体を動かしながら英語を覚える「ESF Sports Camps」
香港の街並み

© leeyiutung - Fotolia.com


夏休みに短期間の留学体験ができるサマースクールやサマーキャンプが、人気を集めています。前回の「サイパン&グアム編」に引き続き、今回も日本から近い国で参加できるサマースクール&キャンプをご紹介します。

■4時間ちょっとのフライトで到着! 香港は英語を学ぶのにピッタリの場所

今回のディスティネーションは日本からの飛行時間が4時間ちょっとで到着でき、時差もほとんどない香港。1997年までイギリス領だったため、2009年までイギリス教育システムを取り込んでおり、現在も英語を学ぶにはピッタリの場所のひとつです。

■サマースクールに参加するのは地元っ子が多い

夏休み期間、香港のサマースクールに参加する子どもの大半は、地元の学校に通学している子どもたちだそうです。インターナショナルスクールで学んでいる子どもたちは、母国への帰省や長期旅行などでサマースクールに参加する子どもは少ないのだとか。

地元の子が多いとは言っても、中国へ返還される前まで、香港の公用語は英語と広東語でした。そのため、家庭でも両親とは英語と広東語の2ヶ国語を使用していることが多く、英語力はかなり高いです。「ネイティブの子どもが参加しないのなら、サマースクール参加する意味がないのでは?」と心配している親御さんもこれなら安心ですね。

■「香港インターナショナルスクール」でみっちりアメリカン英語を学ぼう

150年の間イギリスの統治下にあった香港ですが、現在、香港では「将来の就職に有利」という理由からアメリカ英語を学ぶのが流行中なのだそう。そんな人気のアメリカ英語が学べる学校がアメリカ合衆国ミズーリ州のルーテル教会が経営するミッションスクール、「香港インターナショナルスクール」です。緑豊かな香港南部に位置していて、勉強に適した環境で英語を学べるはずです。

香港インターナショナルスクールのサマースクールは、コースだけでも10以上あり、7月11日~29日に開催される「セッション2」への参加締め切りが迫っているので(申込書締切り6月10日まで)、興味のある方はすぐに学校へ直接問い合わせてみましょう。

香港インターナショナルスクール

開催時間:9:00~(コースによって異なる)

対象年齢:4歳~17歳(コースによって異なる)

料金:コースによって異なる

お申込み・お問い合わせ(※英語推奨):
summerprogram@hkis.edu.hk
tel.(852)3149-7837



徳武 加奈子
徳武 加奈子の更新通知を受けよう!
確認中
徳武 加奈子
徳武 加奈子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
徳武 加奈子
徳武 加奈子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
徳武 加奈子
徳武 加奈子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
徳武 加奈子
徳武 加奈子の更新通知が届きます!
フォロー中
徳武 加奈子
徳武 加奈子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.