ウーマンエキサイト

妊娠出産でかかった医療費も「医療費控除」で申告すると、税金が戻ってくる【妊娠・出産でもらえるお金一覧2017 Vol.5】

妊娠・出産でもらえるお金一覧2017

妊娠・出産でもらえるお金一覧2017

国や自治体には、たくさんの子育ての支援制度があります。でも自分で申請をしないとお金はもらえませんし、戻ってきません。内容をしっかり把握して、適切なタイミングで申請をしましょう。

妊娠出産でかかった医療費も「医療費控除」で申告すると、税金が戻ってくる【妊娠・出産でもらえるお金一覧2017 Vol.5】

© taka - Fotolia.com


■医療費控除とは?

1年間に10万円を超える医療費がかかった場合、確定申告をすることで、支払った税金の一部を戻してくれる制度。

■医療費控除によって、戻ってくる金額は、いくら?

戻ってくるお金 = 医療費控除額 − 所得税率

たとえば医療費合計額が60万円で所得が320万円の場合なら、確定申告をすることで、税金がおよそ8千円程度(※)戻ってくる。

※医療費60万円 − 出産育児一時金 − 足切り額10万円 = 医療費控除額面8万円 × 所得税率10% = 戻ってくるお金8千円


■医療費控除によって、お金が戻ってくる人は、どんな人?

家族全員で1年間の医療費が10万円(総所得金額等が200万円未満の人は総所得金額等の5%の金額)を超えて医療費を支払い、確定申告をした人。

■医療費控除の手続きの概要

還付申告だけなら1年中受け付けている

確定申告というと2月中旬~3月中旬のイメージがあるが、(医療費の)還付申告は、1年中受付している。

対象となるのは、申告する前の年1年(1月1日~12月31日)なので、たとえば2017年の分の確定申告(医療費の還付申告)であれば、税務署が混む前の2018年の1月中に提出すれば、相談窓口も込みあわないので、確定申告初心者にはオススメ。

■コラム:「保険金等で補てんされる金額」について知っておこう

医療費控除で間違えやすいのは、「保険金等で補填される金額」。実は、私も初産(16年前)の確定申告時に間違えて、税務署の方に指摘され、とても焦った記憶がある。

この話を簡単に言えば、「公的制度や民間の保険会社からもらったお金は、医療費から差し引いて計算しなければならない」ということ。

「差し引く必要がある費用」と、「差し引く必要のない費用」を下記の表にまとめた。ちなみに私は「出産育児一時金」を差し引くのを知らず、金額が40万円くらい違っていた(激汗)。私のように慌てないよう、ご注意を!

●「保険金等で補てんされる金額」として差し引く必要があるもの、ないもの
妊娠出産でかかった医療費も「医療費控除」で申告すると、税金が戻ってくる【妊娠・出産でもらえるお金一覧2017 Vol.5】

(エキサイト編集部で作成)


■医療費控除 DATA

妊娠出産でかかった医療費も「医療費控除」で申告すると、税金が戻ってくる【妊娠・出産でもらえるお金一覧2017 Vol.5】

※この記事は2016年11月末現在の法令・情報に基づいて書いています。

(監修:ファイナンシャルプランナー 畠中雅子/文:楢戸ひかる)


新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.