ウーマンエキサイト

パパももらえる! 育休中の生活をサポートする「育児休業給付金」【妊娠・出産でもらえるお金一覧2017 Vol.8】

妊娠・出産でもらえるお金一覧2017

妊娠・出産でもらえるお金一覧2017

国や自治体には、たくさんの子育ての支援制度があります。でも自分で申請をしないとお金はもらえませんし、戻ってきません。内容をしっかり把握して、適切なタイミングで申請をしましょう。

パパももらえる! 育休中の生活をサポートする「育児休業給付金」【妊娠・出産でもらえるお金一覧2017 Vol.8】

© blanche - Fotolia.com


■育児休業給付金とは?

仕事を続けるママやパパが育休でお給料が出ないときに、雇用保険から生活をサポートする目的でもらえるお金。

■育児休業給付金でもらえる金額は、いくら?

もらえる金額は、下記の表の通りで2ヶ月分の金額がまとめて振り込まれる。ただし上限があり、それを超えた分は支給されない。

基本的には子が1歳(法律的には誕生日の前日)までの支給だが、特別な事情があり育休を延長した場合は1歳6ヶ月まで支給される。

●育児休業給付金給付額一覧表
パパももらえる! 育休中の生活をサポートする「育児休業給付金」【妊娠・出産でもらえるお金一覧2017 Vol.8】

(エキサイト編集部で作成)


■育児休業給付金をもらえる人は、どんな人?

雇用保険に加入していて、育児休業開始日前2年間に、11日以上働いた月が12ヶ月以上ある人。

さらに「育児休業期間中、育児休業前のお給料の8割以上のお金を会社からもらっていない」「育児休業期間中、1ヶ月に就労したと認められる日が80時間以下」という条件もある。

■育児休業給付金の手続きの概要

①産休に入る前に、勤務先に育休期間の目安を伝えて用紙をもらう
産休に入る前に、会社に育児休業期間の目安を伝えて「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」の用紙を受け取る。

②必要事項を記入して勤務先に提出
会社の就業規則で決められたときまでに、申請書に必要事項を記入して会社に提出。このときに、振込先の金融機関の銀行印と通帳の表紙のコピーも必要。

③振込み・2ヶ月ごとに追加申請
産休明けに会社からハローワークに各種書類を提出し、2ヶ月ごとに給付金が振り込まれる。給付金の追加申請は2ヶ月ごとに必要。多くの場合は会社でやってくれるが、自分で申請する場合は申請期限をチェックしておこう。

■コラム:育児休業給付金はパパでもOK!

パパももらえる! 育休中の生活をサポートする「育児休業給付金」【妊娠・出産でもらえるお金一覧2017 Vol.8】

© 00132 - Fotolia.com


育児休業はパパでもとれるし、条件を満たしていればパパでも育児給付金を受け取ることができる。

たとえば、ひとりの子に対して、前半はママ、後半はパパというふうに育休をとり、それぞれ給付金を受け取ることも制度の上では可能だ。もちろん職場の理解があってこそ! という部分も大きいのが現実。まずは職場の担当者などに事前に相談してみよう。

■育児休業給付金 DATA

パパももらえる! 育休中の生活をサポートする「育児休業給付金」【妊娠・出産でもらえるお金一覧2017 Vol.8】

※この記事は2016年11月末現在の法令・情報に基づいて書いています。

(監修:ファイナンシャルプランナー 畠中雅子/文:楢戸ひかる)


新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.