2018年8月7日 22:00|ウーマンエキサイト

子ども靴のプロに聞いた「正しいはき方・選び方」「サイズの目安」「買い替え時」

目次

・子どもの靴選び「何歳まで気をつければいいの?」
・子ども靴の種類別「キッズシューズの正しい選び方」
・「正しい靴のはき方」と「子ども靴の買い替え時」
・餅は餅屋ならぬ「子ども靴は子ども靴専門シューフィッター」へ
子ども靴のプロに聞いた「正しいはき方・選び方」「サイズの目安」「買い替え時」

ⓒTomsickova-stock.adobe.com


前回は、正しいファーストシューズの選び方をご紹介しました。しかし、最初の一足だからとファーストシューズは慎重に選んだけれど、その後は子どもの足もどんどん大きくなり、次から次へと新しい靴を買わなければいけないからと、選ぶのがおざなりになっていませんか?

まだ足ができあがっていない幼児の靴選びは、ファーストシューズ選びと同じくらい大事です。子ども靴のプロ、シューフィッターの寺杣敦行さんに、足の成長とからめてキッズシューズの選び方をうかがいました。

お話をうかがったのは…
子ども靴のプロに聞いた「正しいはき方・選び方」「サイズの目安」「買い替え時」かかりつけシューフィッターの子ども靴専門店 ジェンティーレ東京代表
寺杣敦行さん


FHA(足と靴と健康協議会)認定バチェラー(上級)シューフィッター、幼児子ども専門シューフィッター。革靴好きか高じて靴メーカーに勤務。娘にはかせたいと思う子ども靴が日本では見つからず、ヨーロッパへ探しに行ったのをきっかけに、2008年に子ども靴の専門店をオープン。足の健康を重視し、機能性を第一に考えた子ども靴を、足の特徴や歩き方をチェックしながら調整して販売している。
・かかりつけシューフィッターの子ども靴専門店 ジェンティーレ東京



■子どもの靴選び「何歳まで気をつければいいの?」

――子どもの足は何歳くらいまでに形作られるものなのでしょうか?

寺杣敦行さん(以下、寺杣さん):足は体を支える土台なので、足がぶれると体全体に影響が出てきます。立った時に、かかとの骨とその上の距骨、すねの骨の脛骨が、後ろから見てラインがまっすぐになっていることが理想なんです。

男女でも違いますが、この足首やかかとの骨が大人の骨に置きかわるのが10歳から12歳くらいなので、それまでは靴選びに意識を向けていただきたいですね。足全体の骨の成長(骨化)が終了するのが14歳から18歳くらい。女の子のほうが終了が早く、男の子は18歳くらいまでかかります。

足のサイズが止まるのも、女の子のほうが早くてだいたい中学2年生くらい。男の子は高校1、2年生くらいまで伸び続けるので、足に気をつけるのは決して幼少期だけではない、と覚えておいていただきたいですね。

もう少し細かくいうと、足の成長には土ふまずが大事になってきます。赤ちゃんの時は、座っていると土ふまずがちゃんと見えますが、立って体重が乗るとペシャンと隠れてしまう。骨格としてはあるのに、体重が乗るとつぶれてしまうのが、2、3歳までの特徴です。

徐々に筋力がついて、少しずつ隙間ができてくると、土ふまずの形成が始まったということなんです。それが3歳から6歳くらいまでの間で、土ふまずにとって大切な成長期なんです。そういう意味からすると、年少から年長の3年間というのは特に気をつけたい時期ですね。
子ども靴のプロに聞いた「正しいはき方・選び方」「サイズの目安」「買い替え時」

左から、ハイアーチの足、正常な足、偏平足の足の模型




新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.