子育ては謝ってばかり…ママが1人で頑張りすぎないためには?【コソダテフルな毎日 第124話】

オギャ子
ライター
オギャ子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
そういえば夫がこんなことを話してくれました。

出張から帰ってきた日のことです。

子育ては謝ってばかり…ママが1人で頑張りすぎないためには?【コソダテフルな毎日 第124話】
へぇ~。
ずっと泣いてる子がいてうるさかったの??

夫:「いや、子どもが泣くのは当たり前だから気にならないんだけど」

ほぉ。
なんで泣いてたのかな。
何歳ぐらいの子??

夫:「それがさ、俺もどこにいるのかな? とか、なんで泣いてるのかな? って気になって泣き声の方を見たかったんだけど、

子育ては謝ってばかり…ママが1人で頑張りすぎないためには?【コソダテフルな毎日 第124話】
そっちを見てしまうとその子のお母さんにプレッシャーを与えてしまうかと思って見れなかった」

あぁぁぁぁぁ~~なるほど。

そういう視点があるんだなぁ~と初めて知りました。

たしかに夫のその気遣い、わかるような気がします。

私自身の経験に置き換えてみても、公共の場で我が子がグズっていたりするとただでさえすごく焦るんですよね。

周囲のみんなが全員「うるさいなぁ…」と迷惑に感じてるような気がして、なんとかして泣き止ませなくちゃと必死になります。

そんな時に前の席の人が振り返ろうもんなら、その人からしたらただ振り返っただけでも、私の中では「疎まれてしまった!」って変換してしまうと思います。

私たちママは見知らぬ誰かの手助けに反射的に「すみません」と頭を下げてしまいがちです。
オギャ子
オギャ子の更新通知を受けよう!
確認中
オギャ子
オギャ子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
オギャ子
オギャ子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
オギャ子
オギャ子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
オギャ子
オギャ子の更新通知が届きます!
フォロー中
オギャ子
オギャ子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.