大号泣に心折れそう…! 三男の卒乳初日が思いのほか壮絶だった話【コソダテフルな毎日 第125話】

オギャ子
ライター
オギャ子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
こんにちは! ちゅいママです。

先日友人と卒乳した時の話になったもので、今日は我が家の三男の卒乳にチャレンジした初日の話を書きたいと思います。

当時の記録が残っていますのでそちらを振り返りながら書いていきますね。

卒乳を決意したのは彼が1歳1か月になった頃でした。

添い乳で寝かせていたのですが、あまりにもコマ切れ睡眠で30分~1時間おきに泣くので、私が全く寝た気がせず疲労困憊状態だったので思い切って卒乳を決めました。

■三男の卒乳チャレンジ!

この日三男は卒乳、初めての夜を迎えようとしていました。
三男にとっては初めての卒乳ですが、私にとっては三度目の卒乳チャレンジです。

大号泣に心折れそう…! 三男の卒乳初日が思いのほか壮絶だった話【コソダテフルな毎日 第125話】
昼間はおっぱいを飲まずに過ごせていましたし、この日はたっぷり遊ばせて体力も使っていたので、夜ももしかしたらスムーズにいくんじゃないかな? って気がしていました。

現に21時に寝かしつけた時には、夫の寝かしつけで寝る事ができました~~!!

大号泣に心折れそう…! 三男の卒乳初日が思いのほか壮絶だった話【コソダテフルな毎日 第125話】
すごい! 意外とあっさり寝ましたね!!

今までは常に寝かしつけは私の役目だったんですもの。
それが夫の抱っこで寝れるようになっただなんて…しかもコテンと寝ただなんて、幸先いいスタートを切りました。

もしかしたらこのまま朝まで寝るんじゃないの? …と淡い期待を抱いていましたが、そんな一筋縄ではいきません。

午前0時。

ボーンボーンボーン……。

大号泣に心折れそう…! 三男の卒乳初日が思いのほか壮絶だった話【コソダテフルな毎日 第125話】
起きました…。

しかもおもいっきり泣いてます。


だけども、聞いてください!!
21時から24時まで3時間続けて寝られただけでも、この子からしたらすごい事なんです!

快挙!!

さぁ~~ここからが勝負。

今まで泣けばすぐにおっぱいをくわえさせて寝かせていたんですもの。
おっぱいがないとなると、どうやって寝かせたらいいのやら。
オギャ子
オギャ子の更新通知を受けよう!
確認中
オギャ子
オギャ子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
オギャ子
オギャ子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
オギャ子
オギャ子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
オギャ子
オギャ子の更新通知が届きます!
フォロー中
オギャ子
オギャ子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.