子育て情報『卒園・進級シーズンに!メッセージカードや色紙をかわいく仕上げるコツ』

卒園・進級シーズンに!メッセージカードや色紙をかわいく仕上げるコツ

2018年2月10日 12:29
 

卒園・卒業・進級シーズンになると、お世話になった先生や引っ越してしまうお友達への色紙やメッセージカードが回ってくることも多いもの。喜んでもらえるようにかわいく仕上げたいけれど、絵心のない私は、毎回メッセージを書いてシールを貼っただけのシンプルなものになってしまいます。心は込めているけれど、センスのよいお母さんがうらやましい…!そこで、「似顔絵ギフト」の似顔絵師・きゃりこさんに、色紙やメッセージカードをステキに仕上げるコツを聞いてきました。

かわいい挿絵を描くコツ

人物のイラストを描くコツについて、「顔のパーツを置く位置で印象が変わってきます。顔パーツを下半分に収めるとかわいい感じ、中央に集めると幼い印象、上下に長くなると大人の顔、と描き分けができます。同じパーツをいろいろなところに配置して描きたい顔のイメージに近づけてみてください。数人の人物を描くときは、口の表情に変化を持たせましょう。笑っていたり、すぼめていたり、歯や舌を出してみたり、片方だけ上げてみたりワンパターン化しないようアレンジするとにぎやかで楽しい絵になります。応用編ですが、顔のパーツの大きさや形は人間みんな違います。そこも描き分けるとさらに似度(ライクネス)がアップしますよ」とアドバイスをもらいました。

関連リンク

・いつもの風景で遊べる「切り抜きカード」を子どもと作ろう
・フィット感抜群!「アウトドアサンダル」人気ブランド6選【女の子編】
・《ベビーラウンジって何?》子ども用寝具の新常識・ドッカトットを使ってみました♡
顔パターン


そのほか、「絵が苦手なら、文字や、“にぎやかし”と言われる吹き出しやラインを工夫するだけで華やかになります。たとえば、文字を1回書いた上から少しずらして書くだけでもオシャレ。色を塗った上に文字を乗せるだけでもよいのですが、塗り方が雑だと台無しになってしまうので要注意。同じ方向に手を動かすようにするとキレイに塗れます。くるくる円を描くように塗るのもかわいいですよ」とのこと。

にぎやかし

右下の色の塗り方に注目。ぐちゃぐちゃに塗りつぶすより、線を重ねるように手を動かしたほうが仕上がりがオシャレ

にぎやかし2
フラッグ

すぐにマネできそうなワンポイントイラスト、ラインやフラッグもいくつか提案してくれました。このくらいなら私でも描けそう!

子どもにオススメの画材と100均で手に入るお助けアイテム

筆圧が弱い子どもにオススメなのはクーピーやクレヨン。その他、ティッシュにスタンプインクやクレヨンをつけてポンポン押していく、白いクレヨンで絵や文字を描いて、その上に絵の具を塗ってはじかせる、という方法を教えてもらいました。また、「シールやマスキングテープはテイストと色味を揃えるとよいです。ボタンやリボンを貼るのもかわいいですね。事務用の丸シールやマスキングテープを額縁のように縁に貼るだけでもよいのでは」ときゃりこさん。

加えて、「100円均一ショップはオススメ。お手本を見ながらなぞるだけのイラスト練習帳なども売っています。それを見ながらマネして描いてみるのも上達のコツ」だそう。100円均一ショップに行ってみると、真っ黒のシートを専用のプラスチックペンで削ると、レインボーカラーのイラストに仕上げていくことができる「レインボーペーパーシート」、さまざまな曲線が描ける「雲形定規」、ダイヤや星など規則的な形が描ける「テンプレート定規」など役に立ちそうなアイテムがたくさん見つかりました。色紙をもらう機会が多い先生には、100円均一ショップに売っている「色紙用ファイル」を添えてプレゼントするのも喜ばれそう。

ママになるといろいろな方にお礼をする機会も多いもの。気持ちを伝えるステキなカードがサラッと描けるよう私も研究してみます!

取材協力・イラスト提供:似顔絵師きゃりこ

<文:フリーランス記者森藤理絵

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.