子育て情報『「その言い方はないでしょ...」発達障害娘にモヤっとしつつ何も言えない私。そこに夫の助け舟が…?!』

2020年11月25日 14:00

「その言い方はないでしょ...」発達障害娘にモヤっとしつつ何も言えない私。そこに夫の助け舟が…?!


年々難易度の上がる、娘の疑問への説明。

広汎性発達障害の娘は、9歳(小学4年生)です。わが家では、娘に対して、物事の理屈や、意味を説明することが、よくあります。

小さいころは、娘が知っている少ない数の言葉で説明することが難しかったのですが…

「その言い方はないでしょ...」発達障害娘にモヤっとしつつ何も言えない私。そこに夫の助け舟が…?!の画像

Upload By SAKURA

小学生になってからは、学年が上がっていくたび、質問の内容も、説明の難易度も上がっていき…

「その言い方はないでしょ...」発達障害娘にモヤっとしつつ何も言えない私。そこに夫の助け舟が…?!の画像

Upload By SAKURA

頭をフル回転させねば、説明しきれないことが、増えていきました。


ごはんが遅かった娘が、言った言葉。引っかかったけれど…

娘はごはんを早く食べるのが苦手。

私たちは、娘のやる気を出させようと、娘の食事のときに、30分以内に食べ終わったら、ゲームをしていいという約束をしています。

ある日、娘が約束した時間までに、ごはんを食べ終わらなかったときのこと…。

「その言い方はないでしょ...」発達障害娘にモヤっとしつつ何も言えない私。そこに夫の助け舟が…?!の画像

Upload By SAKURA

私はすぐ、その言い方が引っかかりました。

しかし、娘の言った言葉に対して、私の引っかかりを、どんなふうに話せばいいか…考えがまったくまとまりませんでした。


動いた夫!私も絵でサポート!

どう話していいか、考えがまったく浮かばなかった私が固まってしまったとき、夫が話し始めました。

「その言い方はないでしょ...」発達障害娘にモヤっとしつつ何も言えない私。そこに夫の助け舟が…?!の画像

Upload By SAKURA

何も発言できなかった私は、せめて手助けを…と、白い紙を手に取り、会話を聞きながら夫の話を図にして、2人ところに持っていきました。

「その言い方はないでしょ...」発達障害娘にモヤっとしつつ何も言えない私。そこに夫の助け舟が…?!の画像

Upload By SAKURA


なぜ、嫌な感じに聞こえる?夫の上手な説明。

「その言い方はないでしょ...」発達障害娘にモヤっとしつつ何も言えない私。そこに夫の助け舟が…?!の画像

Upload By SAKURA

娘への説明はわが家では、必要不可欠。しかし、すべてを私一人で対応することはできません。いつもは私がメインで娘の対応をしていますが、実は説明も説得も夫の方が上手。

しかし、普段夫は私のやり方を優先してくれ、特別前に出ることはありません。

夫は、私の脳が思考停止になりつつあるときに、私の様子を見てそれを察し、進んで説明をかって出てくれます。

私は、夫の気づかいと、行動力と、説明力のおかげで、年々難易度が上がっている娘への説明を、なんとか乗り越えられています。


娘への説明も、夫婦二人三脚。

夫も同じ気持ちなようで…

「その言い方はないでしょ...」発達障害娘にモヤっとしつつ何も言えない私。そこに夫の助け舟が…?!の画像

Upload By SAKURA

こういうことを2人で対応するたび、子育て、療育というのは2人で乗り越えるものだと強く感じ、夫がいつも協力的であることに、感謝しています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.