子育て情報『【自宅で簡単!】スマイルエクササイズとは?マタニティ~あんよ期のコミュニケーションを紹介』

2020年5月13日 00:00

【自宅で簡単!】スマイルエクササイズとは?マタニティ~あんよ期のコミュニケーションを紹介

ステイホーム・スマイルエクササイズとは?

新型コロナウイルスの影響で「ステイホーム」が続く中、ママ・パパ・赤ちゃんが家で笑顔で過ごせるように、さまざまな企業が働きかけています。育児ブランド「アップリカ」がベビーモデルトレーナーの野田純子さんと協力して提案しているのが「ステイホーム・スマイルエクササイズ」です。

赤ちゃんとママ・パパがリズムと呼吸をあわせて遊ぶことで、笑顔をシェアできます。赤ちゃんの成長にあわせて、楽しくて簡単な遊びが紹介されているので、日々のコミュニケーションに取り入れてみましょう。妊娠中のママがお腹の赤ちゃんとリズムを共有できるエクササイズもありますよ。

目次

・ステイホーム・スマイルエクササイズとは?
・ねんね期の赤ちゃん(生後0~6ヶ月頃)
・ハイハイ期(生後6~12 ヶ月頃)
・あんよ期(生後12ヶ月~)
・プレママ期(妊娠7~8ヶ月で胎動を感じ始めたら)
・楽しく遊んで笑顔をシェアしよう!


※この記事はアップリカ「ステイホーム・スマイルエクササイズ」を参考に作成しています。

ねんね期の赤ちゃん(生後0~6ヶ月頃)

【自宅で簡単!】スマイルエクササイズとは?マタニティ~あんよ期のコミュニケーションを紹介


ねんね期の赤ちゃんは自分で動きまわることはできませんが、視覚や味覚、触覚など五感をとぎすましている時期です。ママやパパは積極的にコミュニケーションを取ってあげましょう。初めての笑顔はぜひ写真を残してあげてくださいね。

どこまで追いかけられるかな?

ラトルや鈴など、音の出るおもちゃを赤ちゃんの顔の40〜50cm先で揺らしてみましょう。シャンシャン音を鳴らしながら、右から左、上から下などゆっくり目線を誘導していきます。

337拍子などのリズムを付けたり、掛け声をあわせたりすると、さらにスマイルになりますよ。月齢にあわせて距離や速度を調整すれば、寝返りの練習にもなります。

赤ちゃんが自分の力で首や腕を動かすことで、筋肉をほぐすことができます。また、目の周りの筋肉も使うので、安眠効果も期待できますよ。

足裏ギュッギュ!

赤ちゃんが足を動かし始めたら、ママ・パパの手のひらと赤ちゃんの足裏をあわせてみましょう。赤ちゃんの足の動きに合わせて、そっと押して優しく圧をかけます。

ギュッギュッと足裏で遊んだ後は、足の付け根から足首に向けてマッサージしたり、足の裏を優しく親指でトントンしてあげたりすると喜びますよ。

足の筋肉を使って踏ん張ることで、赤ちゃんの血流促進につながります。自分の力で筋肉を動かすことで、姿勢が変わり赤ちゃん自身もスッキリしますよ。

ハイハイ期(生後6~12 ヶ月頃)

【自宅で簡単!】スマイルエクササイズとは?マタニティ~あんよ期のコミュニケーションを紹介


首が腰がすわってハイハイができるようになると、赤ちゃんの行動範囲は一気に広がります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.