子育て情報『寝る子は育つは本当? 睡眠と成長の関係について解説』

2021年6月21日 12:00

寝る子は育つは本当? 睡眠と成長の関係について解説

目次

・「寝る子は育つ」は事実?
・日中の昼寝も効果あり?
・夏も身長が伸びやすい?
・まとめ
寝る子は育つは本当? 睡眠と成長の関係について解説


自身のお子さんの身体がどのくらい大きくなるのか、身長はどこまで伸びるのか気にしている保護者は多いのではないでしょうか。また、成長に関するさまざまな噂を耳にして、試したことのある人もいるでしょう。サッカーをする子どもたち自身も「もっと大きくなりたい」という子はたくさんいますし、親御さんも「子どもの身体を大きくしたい」と願っている方は多いもの。

サッカーをして、たくさん食べれば大きくなるのでは、と考えている方もいるかもしれませんが、しっかり眠ることも子どもの身体を大きくするために大事なことです。

この記事では、「寝る子は育つ」ということわざを取り上げ、睡眠と成長の関係について解説します。「うちの子には大きく成長してほしい!」と願っている方はぜひ参考にしてみてください。

「寝る子は育つ」は事実?

寝る子は育つは本当? 睡眠と成長の関係について解説


「寝る子は育つ」は、「寝る子は発育がいい」という意味を持つことわざです。あくまでもことわざの1つですが、実は子どもの成長にも大いに当てはまっている言葉だといえます。これは、人間の体は眠っている間に成長に欠かせないホルモンが分泌されるためです。眠ることが結果的に身体の成長につながっているため、「寝る子は育つ」はある意味で事実だといえます。

ちなみに、夜更かしをしている人や睡眠時間が短い人は、成長ホルモンがしっかりと分泌されないため成長阻害につながります。また、睡眠前にスマートフォンやタブレット端末などを使用してブルーライトを浴びると睡眠を促進するメラトニンと呼ばれる物質が低下するため、やはり成長阻害にとなるでしょう。

「寝る子は育つ」は事実ですが、たくさん寝たからといってその分身長が伸びるといったことはありません。成長ホルモンは睡眠の中でも、深い睡眠の時に分泌されると言われています。そのため、睡眠前のスマートフォンをやめるなどして深い睡眠を増やせるようにすることが大切です。

日中の昼寝も効果あり?

睡眠は、必ずしも夜でなければいけないというわけではありません。例えば、日中に30分〜60分ほどの昼寝をすることも身体の成長つながるといわれています。

これは、昼寝をすることで背骨にかかる負担を軽減できるためです。人間の身体の中でも重要な部位の1つである背骨については、背骨の形や成長具合が身体の成長に影響するという研究結果もあります。この研究はつまり、背骨に負担がかかりすぎて十分に成長しない、形状がおかしいといったことになると、身体も十分に成長しない可能性があるということです。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.