くらし情報『「風邪をこじらせ肺炎に」夜更かし&徹夜は命取り!睡眠時間を確保するコツは…【体験談】』

「風邪をこじらせ肺炎に」夜更かし&徹夜は命取り!睡眠時間を確保するコツは…【体験談】

肺炎イメージ


30代前半ごろからExcelで日記をつけていたおかげで、季節ごとの自分の体調の変化を把握できるようになりました。私は1年のうち2月上旬、4月初旬、8月下旬、12月末に体調を崩したり、気持ちが落ち込んだりすることが多いみたいです。ところが、ここ1年ぐらいはまったく風邪もひかず、ちょっとした体調不良や気分の落ち込みがあっても、眠れば回復できていることに気付きました。

今回は、私が十分な睡眠時間を取るために心がけていることをお話しします。

★関連記事:「体は疲れていても寝つけない…」睡眠不足&イライラ改善のためにやってよかったこと【体験談】

風邪をこじらせ入院!疲労回復の大切さを実感

20代のころは、風邪気味でも眠れば復活。遊びや仕事で徹夜しても、翌日眠れば元通りでした。でも、30代になると、徹夜をすると翌日眠気に襲われて何も手に付かなくなりました。そして、仕事と育児のピークだった34歳のとき、過労から肺炎に。
最初はただの風邪だったのかもしれません。でも、疲労がたまっていたせいでしょうか。こじらせてしまい、咳で眠れず朝も早く目が覚めてしまう日々が1カ月続きました。

近所の呼吸器科でレントゲンを撮ってもらうと、先生から「MRIのある大きな病院に行ってください」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.