子育て情報『現役Jリーガー・ガンバ大坂GK東口順昭選手が教えるボールキャッチのコツ、構え方』

2022年1月25日 20:47

現役Jリーガー・ガンバ大坂GK東口順昭選手が教えるボールキャッチのコツ、構え方

現役Jリーガーが、子どもたちにGKの実技指導を行う――。新年早々、夢のような企画が実現しました。それが「 MASAAKI HIGASHIGUCHI GOALKEEPER CLINIC」です。

ここでは、小学生を対象に行われたトレーニングの様子をお届けします。
(取材・文:鈴木智之)

目次

・テーマは「GKの楽しさを感じる」
・ボールをキャッチする時の構え方、コツ
・グラウンダーのボールキャッチで気を付けること
・味方への指示だし(コーチング)で大切なこと
・東口選手から子どもたちへのアドバイス
・GKクリニック第二回も開催予定


現役Jリーガー・ガンバ大坂GK東口順昭選手が教えるボールキャッチのコツ、構え方


■テーマは「GKの楽しさを感じる」

J1通算350試合出場100完封という偉業を成し遂げた、東口順昭選手。鋭い反応でゴール前に立ちはだかり、相手のシュートを止め続けてきました。

そんな東口選手が自身初のGKクリニックを開催するとあって、たくさんの子どもたちが参加しました。

このクリニックには、ガンバ大阪のGK加藤大智選手とMF奥野耕平選手、関西でGKスクールを主催する安部航平コーチも参加。開始前、東口選手は「僕たちと一緒に、楽しんで学んでいきましょう」とあいさつし、トレーニングがスタートしました。

小学生の部、テーマは「GKの楽しさを感じる。いまから覚える上キャッチ」です。東口選手や加藤選手、奥野選手も子どもたちと一緒に参加し、相手の動きを真似するウォーミングアップやボールをキャッチする練習など、コーディネーションや空間把握のトレーニングを交えながら進んでいきます。

現役Jリーガー・ガンバ大坂GK東口順昭選手が教えるボールキャッチのコツ、構え方


■ボールをキャッチする時の構え方、コツ

続いて、2人組でのキャッチトレーニングを実施。下から投げたボールを上からキャッチする動作を繰り返します。ここでは、東口選手と加藤選手がデモンストレーションを披露。

安部コーチからは「東口選手と加藤選手の頭の位置、手の角度、開始姿勢、構えを見てみよう」とアドバイスが送られていました。

東口選手は「まずはボールの正面に入ること。両手を顔の前に出し、ボールの上側を抑えるようにして捕ろう。体の前にボールを落としても、すぐにキャッチできるので大丈夫。後にそらすと失点に直結する。片足を一歩前に踏み出すぐらいの気持ちでやってみよう」と、実技を交えて説明していきます。

子どもたちはアドバイスを生かし、真剣に取り組んでいきます。その様子を東口選手が見て回り「いいね!」「前で捕ろう」など、子どもたちに声をかけていました。
現役Jリーガー・ガンバ大坂GK東口順昭選手が教えるボールキャッチのコツ、構え方


■グラウンダーのボールキャッチで気を付けること

続いては「グラウンダーのボールキャッチ」。ここでも東口選手と加藤選手がデモンストレーションを行い、「ボールの正面に入り、しっかり腰を落とすこと。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.