子育て情報『「SDGsとキャリア教育」の融合プログラム 「学校ブックオフ」プロジェクトを全国の小学校を対象に開始』

2021年11月26日 13:45

「SDGsとキャリア教育」の融合プログラム 「学校ブックオフ」プロジェクトを全国の小学校を対象に開始

ブックオフグループホールディングス株式会社(本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:堀内康隆、以下 ブックオフ)は、キャリア教育事業の開発及び普及活動を推進している一般社団法人日本文化教育推進機構(所在地:東京都渋谷区、代表理事:田代綾)と共同で、全国の小学生を対象に「SDGsとキャリア教育」の融合プログラム「学校ブックオフ」プロジェクトをこのたび開始しました。現在、2022年度の実践校を募集しています。

■「学校ブックオフ」プロジェクト詳細、お問合せホームページ
https://www.nichibunkyo.or.jp

「SDGsとキャリア教育」の融合プログラム 「学校ブックオフ」プロジェクトを全国の小学校を対象に開始

「学校ブックオフ」査定体験オンライン授業の様子(1)
「SDGsとキャリア教育」の融合プログラム 「学校ブックオフ」プロジェクトを全国の小学校を対象に開始

「学校ブックオフ」査定体験オンライン授業の様子(2)

■「学校ブックオフ」プロジェクトとは
ブックオフグループのリユース事業についてのカリキュラムを作成し、子供たちに向けて授業を実施しています。ブックオフという身近にあるお店を題材にすることで社会・環境問題を自分事として捉えて考えやすい内容となっています。これまでに、全国の小学校60クラスで実施しており、SDGsとキャリア教育を融合したこのプロジェクトは大変好評を得ております。

■「学校ブックオフ」プロジェクト授業内容
◇ブックオフの店員がプロの「査定方法」を伝授します
子どもたち自身が「家にあるいらない本を買い取って値段を付けるとしたら」を考え、自力で査定した金額をオンラインでブックオフのスタッフに直接プレゼンします。その後、スタッフが「査定方法」をお伝えします。

◇マスターした査定手法をもとに学校に「ブックオフを開店」します
査定方法を学んだあとは、学校でブックオフを開店します。
「仕入れ」「広報」「営業」「経理」……、お店を開店するためにはどんな仕事が必要かを子どもたちがグループごとに企画し、オリジナルの「ブックオフの店舗」を学校にて展開します。

■「学校ブックオフ」プロジェクトについて
◇楽しみながら「循環型社会」の在り方を学びます
本プロジェクトでは「教師が教える」のではなく、「子どもが自ら学びに行く」という教育目標のもとにプログラムが組まれています。プログラムでは、家にある不要な本を子どもたちに持参してもらい「これを売ったら、いくらになるか」と査定するところから学びが始まります。子どもたちは体験を通し、クラスメイトと楽しみながら、本をリユースすることを覚えていきます。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.