くらし情報『【シネマ羅針盤】なぜトム・クルーズは特別なのか? 来日PRで広告換算5億円』

2015年8月7日 21:00

【シネマ羅針盤】なぜトム・クルーズは特別なのか? 来日PRで広告換算5億円

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


主演最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を引っさげ、21回目のPR来日を果たしたトム・クルーズ。羽田空港でのファンサービスをはじめ、来日会見、歌舞伎町でのジャパンプレミアなど、連日のように、テレビやネットでトムの動向が報道された。

配給会社の発表によると、テレビでの露出は140分以上あり、これだけで広告費に換算すると約5億円になるのだとか。加えてネット上には、約3,000もの記事が配信されたというから、「トム来日」のニュースバリューの高さは健在。特に今回は、名刺代わりとも言える人気シリーズの最新作とあって、さらに盛り上がった。現在53歳。なぜトム・クルーズは特別なのか?その答えが『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』にある。

「体を張る」ことへの強いこだわりと飽くなきチャレンジ精神を注いだシーンの数々を目撃し、体感できるのは、トムの主演作を見る大きな喜びだ。どんなド派手なアクションにも「どうせCGでしょ?」と食傷してしまう現代において、上空1500メートルで軍用機にぶら下がり、6分間も潜水するトムの姿は、思わず「ありがたい!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.