くらし情報『オリンパス、ズーム全域でF2.8通しのコンデジ「STYLUS 1s」の発売日決定』

2014年11月6日 12:54

オリンパス、ズーム全域でF2.8通しのコンデジ「STYLUS 1s」の発売日決定

オリンパス、ズーム全域でF2.8通しのコンデジ「STYLUS 1s」の発売日決定
オリンパスイメージングは、コンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS 1s(オリンパス スタイラス ワンエス)」および関連製品の発売日を決定した。11月14日に発売する。価格はオープンで、推定市場価格は税別65,000円前後だ。

OLYMPUS STYLUS 1sは、焦点距離28~300mm(35mm判換算時)の全域で開放F値2.8を実現したi.ZUIKO DIGITALレンズを搭載するコンパクトデジタルカメラ。発表当初の発売予定は11月中旬だったが、このたび正式に発売日が決定した。狙った部分にピンポイントでフォーカスしやすい「スモールAFターゲット」、特定の焦点距離にスピーディーにセットできる「ステップズーム」などの機能が追加され、前モデル「OLYMPUS STYLUS 1」からブラッシュアップが図られている。

同時に発表されたワイドコンバージョンレンズ「WCON-08X」(税別21,000円)、ワイドコンバージョンレンズアダプター「CLA-14」(税別3,800円)、革カメラケース「CSCH-118 BRW」(税別11,667円)もOLYMPUS STYLUS 1sと同様、11月14日に発売する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.