くらし情報『ディプティックより初の“シプレ系”の香り、バラが描かれた新作フレグランスやキャンドルが登場』

2019年12月16日 10:00

ディプティックより初の“シプレ系”の香り、バラが描かれた新作フレグランスやキャンドルが登場

ミドルノートには、こぼれ落ちそうなほど大きく開いた花びらと濃厚な香気を放つ花のブーケの香りが漂い、大地を思わせるアーシーでダークなベチバーや、ムスク、乾燥したタバコの葉、アンバーグリスの間のアンブロフィックスによるラストノートでフィナーレを告げる。調香師、オリヴィエ・ペシュー(Olivier Pescheux)による抽象的で謎に満ちた香りは、光の都・パリのエレガントなオーラからわずかに距離を置いて、その洗練さを表現する。

ディプティックより初の“シプレ系”の香り、バラが描かれた新作フレグランスやキャンドルが登場
「オー ド パルファン オー キャピタル(Eau Capitale)」(75ml 2万500円)
しなやかに流れるようなカリグラフィーで「Eau Capitale」の文字がデザインされているボトルは、モダンなスタイルのさまざまなイメージが盛り込まれている。表面にはエッフェル塔をローズやベルガモット、パチュリの葉が取り囲むように、またラベルの裏には一羽のクジャクをメインに、ドットや交わるラインによって微細なモチーフが一面に表現され、まるで小説のページをめくるかのようにラベルの外側から内側へと続く。
ディプティックより初の“シプレ系”の香り、バラが描かれた新作フレグランスやキャンドルが登場
「フレグランスキャンドル パリ アン フルール(Paris en Fleur)」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.