くらし情報『宮本亞門氏の五輪発言が波紋…「裏で大金」「憲章と正反対」』

2021年6月21日 20:22

宮本亞門氏の五輪発言が波紋…「裏で大金」「憲章と正反対」

宮本亞門氏の五輪発言が波紋…「裏で大金」「憲章と正反対」


演出家の宮本亞門氏(63)が東京オリンピック・パラリンピックを厳しく批判した。その発言が波紋を呼んでいる。

宮本氏は6月20日、『日刊ゲンダイDIGITAL』にアップされた記事で“コロナ禍で世界的な格差が進んでいるため、選考もフェアでない状況が生まれている”とコメント。「五輪憲章が言う『人類の尊厳や平和な社会の模範』とは、正反対の強引な弱肉強食で強権的な状況です」と指摘し、こんなエピソードを語っていたのだ。

「東京の招致決定後、あるトップの方とお会いした時、招致が決まった会場で、裏でいかに大金の現金を札束で渡して招致を決めたか、自慢げに話してくれたのです。驚いた私は『それ本当の話ですか?』と言ったら笑われました。『亞門ちゃん若いね。そんなド正直な考え方で世の中は成り立ってないよ』」

「五輪憲章に反するのでは」といい、裏金の存在も示唆した宮本氏。ネットでは、こんな声が上がっている。

《そんな当たり前に「裏金」って言うてた人がおったんか。それが当たり前だったんか》
《五輪憲章に照らした問いはシンプルだが重い》
《本当に誰のための五輪なんだろう》

■「復興五輪も架空だった」…宮本氏の悔恨

17年、東京五輪の公式イベントで演出を担当した宮本氏。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.