恋愛情報『ゲイ当事者だと職場でカミングアウトした僕の、リアルな生活 #10』

2018年5月22日 21:30

ゲイ当事者だと職場でカミングアウトした僕の、リアルな生活 #10

LGBTという言葉自体は聞いたことがあるけれど、あまり身近でないという方も、まだまだ多いかと思います。LGBTへの偏見は強く、実は当事者だけどカミングアウトしていないのだという人が、あなたの近くにいるかもしれません。ゲイ当事者であり、職場でそのことをカミングアウトしたというはじめさんにお話をうかがいました。LGBT関連の話は、決して遠い世界の出来事ではないということをお伝えできればと思います。

マイノリティだからといって間違っているわけではない…学生時代のボーイフレンドからの影響

目次

・マイノリティだからといって間違っているわけではない…学生時代のボーイフレンドからの影響
・不本意なアウティングと、ポジティブなカミングアウト
・カミングアウトは信頼の証。僕が伝えていきたいこと
・〜LGBTのバトン〜
・Information
ゲイ当事者だと職場でカミングアウトした僕の、リアルな生活 #10


【多様な性、LGBTの世界】vol. 10

僕自身、ゲイだと自認した時期は早かったと記憶しています。しかし、ゲイ当事者であることに否定的だった面もありました。大学への進学で上京後、週末に新宿二丁目(ゲイ・タウンとしても知られています)へ足を運んでいました。普段はゲイであることを隠し、週末だけ本当の自分を出せる場に行っていたのです。

そんななか、初めてのボーイフレンドができました。彼はアメリカ人の留学生で、僕とは違った価値観を持っていました。彼は、「LGBT当事者だからといって、マイノリティだからといって、間違っているわけではない」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.