恋愛情報『多額の慰謝料が… 不倫に明け暮れた女の「悲惨な末路」3つ』

2020年5月11日 20:45

多額の慰謝料が… 不倫に明け暮れた女の「悲惨な末路」3つ

不倫に明け暮れた女性の中には「自業自得」と言われても仕方ない末路を辿る人も多いようです。複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、不倫女性たちの悲劇的な末路を3つご紹介します。

文・並木まき

1:男性たちから見限られ…

目次

・1:男性たちから見限られ…
・2:体調が悪くてもひとりぼっち…
・3:慰謝料の請求が…
多額の慰謝料が… 不倫に明け暮れた女の「悲惨な末路」3つ


「職場が在宅勤務に切り替わってからは、不倫している彼とは一切会えていませんでした。でも、もともと寂しがりやな私は、ひとり暮らしの家にずっとひとりで居るのが耐えられなくて……。

彼に何度も『ちょっとでもいいから、様子を見にきて!』ってお願いしたのですが『家族もみんな家にいるし、俺も家から出たくない』と言われ、一度も来てはくれませんでした。

あまりに寂しかったので、ちょっと前に私を口説いてくれていた同僚に『会いに来て』と誘ってみたんですよ。

でも、その彼からも『不倫をやめろってあれだけ言ったのに、寂しくなったら、今度は俺に連絡してくるの?』と断られました。もうボロボロです……」(39歳女性/貿易関係)

不倫男には家庭がありますから、いざとなれば「家族が第一」と考えて当然です。

また、自分を好いてくれていた男性を都合よく使おうと思っても、そう上手くいくわけがありません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.