恋愛情報『排卵日を狙って不倫デート… 略奪婚を狙った女性が迎えた「エグすぎる結末」【後編】』

2022年6月26日 20:25

排卵日を狙って不倫デート… 略奪婚を狙った女性が迎えた「エグすぎる結末」【後編】

独身男性と付き合っていたはずが、彼の妻を名乗る人から突然連絡が来て、彼が既婚男性だったことが判明した菜津さん(仮名)。しかし、交際している彼が既婚者であり、不倫の関係になってしまうとわかっていても、関係を終わらせることができず、ついには彼を自分だけのものにしたいと考え、ある計画を実行したと言います。今回は、メンタル心理カウンセラーの並木まきが不倫を続けたことによって大きく人生が狂ってしまった女性のエピソードをご紹介します。

菜津さんが実行した計画とは

目次

・菜津さんが実行した計画とは
・不倫に怒りをあらわにした妻が慰謝料を請求
排卵日を狙って不倫デート… 略奪婚を狙った女性が迎えた「エグすぎる結末」【後編】


どうしても彼を自分だけのものにしたいと考えた菜津さんは、彼と妻の間には子どもがいないことから「彼との間に自分が子どもをつくることができれば、彼から妻を奪えるのでは」と画策したのだそう。そこで念入りに排卵日を調べ、妊娠するために色々と手を尽くしたと言います。

「そのころは週に1回程度しか不倫デートをしていなかったので、排卵日を調べてもその日が可能性が低い日だったりもして、自分なりに焦っていました。

だけどとにかく実行するしかないって思っていましたし、彼との子どもを妊娠しさえすれば、全てが変わるはずだと信じていました。

その頃の私はどうしても彼を独占したくて、彼に離婚してほしいという考えでいっぱいだったんです」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.