かよわい新婦を支えたのは…?ゲストが体験した衝撃の結婚式エピソード5選

2018年1月13日 10:15
 



先日、結婚式に参加するため韓国へ行ってきました。友人の美しい花嫁姿を見て幸せな気分に。みなさんも友人や親せきの結婚式に参加するたび、特別な感情に浸っているのではないでしょうか。

ところで、人生の大きな晴れ舞台である結婚式は、たくさんの人がいろいろな形でお祝いの気持ちを表す場だけに、エピソードも印象的なものが多い気がします。リサーチしていて、思わず笑ってしまったものをご紹介しますね。

■おじさまたちのエッサッサ

「新郎が日体大出身だったので、その友人たちが新郎も交えて名物の『エッサッサ』を余興に演じていました。新郎は体育教師という仕事柄、引き締まっていたのですが、友人たちは関係ない仕事をしているのか、だいぶ太っている人もいるのに脱いで踊り始め、かなり微妙な空気が流れました」(35歳・金融)
鉢巻にパンツ一枚で演じるエッサッサ。現役の学生の演技とはひと味もふた味も違ったのでしょうね。ちなみに日体大とは日本体育大学の略だそう。

■恐怖のブーケプルズ

「30歳を過ぎてから行った結婚式の1.5次会。ブーケプルズ(花嫁のブーケに結ばれているたくさんのリボンを未婚の女性ゲストが引っ張る演出)のとき、会場にいた独身女性が全員名指しで強制参加することに。もし引き当てたらコメントを言わされるとおびえていたのですが、友人の職場の後輩(20代)が引き当ててくれたので、30~40代の独女は全員ほっとしていました」(36歳・IT)
後輩さんグッジョブ!これは新婦のはからいなのでしょうか、嫌がらせなのでしょうか……。

■冷静になってしまった演出

「新郎が警察官の結婚式。披露宴の余興では目つきが鋭くガタイのいい同僚たちが“事件だ、事件だ”と騒ぎながら、新郎新婦の周りにポールを置き、例の黄色テープでぐるぐる巻きにして“2人の愛には何人(なんびと)たりとも立ち入り禁止”みたいなことを言っていました。あのテープ、あんな使い方をしていいんだろうか?予算内なの?などと冷静に思った覚えが」(31歳・保育士)

警察官がたくさんの結婚式ってなんだか緊張しそうですが、意外とはじけた出しものをしてくれるんですね。職業になぞらえた余興の鉄板ネタがあるのはちょっとうらやましいです。

■かよわい新婦を支えたのは?

「同僚男性の結婚式の二次会で起こった出来事が衝撃的でした。新婦が一人で登場する演出があったのですが、人で混み合う会場内を歩いてくる途中、自分のドレスの裾を踏んでしまうハプニングが!バランスを崩して倒れそうになった彼女を抱きとめたのは、いつも無口な男性社員(既婚)でした。ドラマのワンシーンのようでしたが、なにしろ結婚式。安堵と感嘆が混じった奇妙な歓声があがりました。その間、高砂で待っていた新郎の顔はちょっと気まずくて見られませんでしたね」(37歳・広告)

たしかにこれは気まずい……。とはいえ、新婦さんが無事でなによりです。

■涙と笑いのスピーチ

「同級生の披露宴、最後の最後に新郎のお父様が挨拶をしたのですが、緊張のあまり声が震えすぎて、ほぼなにを言っているのかわからない状態に。ゲストで呼ばれた私たちも、はじめは涙を浮かべながら聞いていたのですが、震えは激しくなり、声も裏返ってしまい、笑いをこらえるのに必死に。表情を変えずにそばで聞いている新婦に同情するほどでした。それでも、お父様の一生懸命な姿にみんな感動し、話し終えた後には大きな拍手がわき起こりました」(34歳・福祉)

大勢の前で話すときの緊張はそう簡単に拭えるものではないですよね。お父様の気持ちが会場のみんなに伝わったようでよかったです!

■終わりに

聞いてみると、みなさん結婚式に関してはさまざまなエピソードを持っているようです。感動したり笑ったり、ちょっと残念だったりすることも起きますが、それも含めてやはり結婚式はおもしろいな、いいなと感じました。

みなさんにも、とっておきの結婚式エピソードがあるのではないでしょうか?そして、ご自身の結婚式ではどんな思い出を作りたいですか?

ライタープロフィール
mayu110
人間観察とショッピングが大好きな韓国通ライター。日本と韓国を股にかけ、ミーハーな視点で人々の恋愛事情を探ります。

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.