恋愛情報『昔の日本はエロい女子がモテた!? 神話、古典文学に学ぶ女子の恋と性』

2018年9月13日 18:55

昔の日本はエロい女子がモテた!? 神話、古典文学に学ぶ女子の恋と性

昔の日本はエロい女子がモテた!? 神話、古典文学に学ぶ女子の恋と性

恋愛に仕事、人間関係、そして性……女子ってどんなときも悩みが尽きないですよね。それはいつの時代も同じこと。

親や祖父母の時代はもちろんですが、太古の昔に生きた女子たちも、今の女子と似たようなことで悩んでいたみたいですよ。

■太古の女子たちとのガールズトーク
『日本のヤバい女の子』(はらだ有彩/柏書房)

最近、話題のイラストエッセイ『日本のヤバい女の子』をご存知ですか?こちらは神話や昔話の女子と、現代の女子の悩みをリンクさせた一冊です。

登場するのはイザナミノミコト、おかめ、かぐや姫、乙姫、織姫など、おなじみの女神や姫ばかり。彼女たちの心に秘めた悩みやヤバい言動を、時空を超えた2018年の女子たちと交流させたりしていて、とにかく面白いんです!

全員「ヤバい」という括りで語られていますが、筆者が気に入っているのは安珍・清姫伝説の清姫。

『変身とヤバい女の子』というタイトルをつけられた彼女は、蛇になって好きな人を追う、疑いようもなくヤバい女子。でも「その気持ちわかるし、こういう女子っているよね」と言いたくなる楽しさがあります。

他には、現代で言えば“究極の遠距離恋愛”をしている織姫は『距離とヤバい女の子』だし、命がけで夫に尽くすおかめは『献身とヤバい女の子』。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.