恋愛情報『「実は五股だった」たくさんの愛を育む男と、彼に恋した女心の春夏秋冬』

2018年9月20日 20:55

「実は五股だった」たくさんの愛を育む男と、彼に恋した女心の春夏秋冬

目次

・出会いの春
・はじまりの夏
・別れの秋
・ショッキングな冬
・優しいけど危険すぎる男
「実は五股だった」たくさんの愛を育む男と、彼に恋した女心の春夏秋冬

様々な女性に恋をして、同時進行でみんなに同じくらいの愛を配れる男性というのが稀にいます。
日本では悪者になるけれど、世界には一夫多妻制があるくらいなので、もしかしたら本能に基づいているのかもしれません。

日本にいながらにして、そんな男性を好きになってしまった女性は、常に涙が流れる寸前の状態ではないでしょうか。

季節のように移ろう女心は大丈夫?昔、まさにそんな男性と恋仲になったことがあります…。

■出会いの春

当時わたしは銀座のクラブでホステスをしていました。若い男性が来店することは滅多になかったのですが、その日は奇跡的に、眩(まばゆ)いばかりのルックスを持つ若い男性が、接待で偉そうな年配男性のグループに混ざっていました。

わたしは彼と離れた席に座っていたのですが、ひょんなことから会話をして、連絡先を交換することに。その場限りだと思い、連絡が来ても来なくてもどうでもいいと感じていました。

三日後、知らない番号から何回か着信があり、しつこいので折り返すと例の眩い彼でした。
その日から、毎日電話が来て話すのが日課になりました。そして、電話での会話はとても楽しかったのです。

■はじまりの夏

一ヶ月ほど経って、ようやく食事に行く予定がつきました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.