2015年4月9日 10:00|ウーマンエキサイト

ツンデレとカレーレシピ【彼氏の顔が覚えられません 第22話】

平原 学
ライター (作家、コラム・レビューライター、ラッパー)
平原 学
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
初旬にカズヤと別れた数週間後、早くも別の男性とデートをしてしまった。どういう経緯でそんなことになったのか…。

ツンデレとカレーレシピ【彼氏の顔が覚えられません 第22話】

(c)kazoka303030 - Fotolia.com


4月は恐ろしい。ただ月が変わり、学年が一つ上がっただけなのに、いろんなことが起きすぎている。3月はほぼ白紙だった日記も、あっという間に埋まってしまうだろう。

それは、履修届けの締め切り日だった。きょうび履修届けなんてネットで簡単にできる。が、簡単だからこそつい後回しにしてしまい、気づいたらもうその日がきてしまっていた。

家でやったら絶対集中できないから、学校のパソコンエリアを使おうと思って。そしたら私と同じこと考えている生徒は他にもたくさんいたらしく、なかなか席が空かず。

待ち始めたのが午後4時。席が空いたのが、約1時間後の5時。ようやく始めるも、いざ決定ボタン押す直前で、またあれこれ目移りしてしまって。一度チェックマークをぜんぶ外して、もう一度Webシラバスに目を通したりなんかし始めて、またかれこれ1時間。

「お、イズミちゃん」

と、突然声をかけてきた彼は…誰だ。髪の毛がほぼ丸坊主と言っていいくらい短い。こんな野球部みたいな人、知り合いにいたっけ。

「あ…ひょっとして俺のことわからない? ちょっと髪切りすぎちゃったからかな…ホラ、○○だよ」

いや、名前を言われてもわかりませんけど。ただ声には聞き覚えが…。

平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
平原 学
平原 学をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
平原 学
平原 学の更新通知が届きます!
フォロー中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.