恋愛情報『付き合ってすぐのプロポーズ…受けるべき?断るべき?』

付き合ってすぐのプロポーズ…受けるべき?断るべき?

2018年3月13日 12:18
 

関連リンク

・ラブラブだったのに…!長続きしないアラサーカップルの特徴
・「恋愛がうまくいかない…。」振り返ってみると分かる9つのこと。
・男性に癒しを与える女性が身に付けている4つのモテ癒し行動
付き合ってすぐのプロポーズ…受けるべき?断るべき?


30代独身の女性でなおかつ結婚願望があるとすれば、彼氏ができた時は当然結婚を視野に入れて付き合っていくでしょうが、予想外にも付き合ってすぐプロポーズされた場合はどうしますか?

ここで受ければ男性の全てを理解しきれていない状態で結婚となるため、将来後悔する可能性があるのは確かです。しかしだからと言って断れば今の恋愛が終わる可能性があり、そうなると最大のチャンスを失うことになります。

このように、付き合ってすぐ…相手のことをよく知らない時点でのプロポーズにはYESかNOのどちらの返事をするべきなのでしょうか。

判断ポイント1.男性の経済力

いくら素敵な男性でも、経済力がなければ結婚生活は成り立ちません。また、それなりの月収があったとしても貯金がなければ結婚は難しいでしょう。結婚式や新居など、結婚が決まった当初は何かとお金が掛かります。このため、プロポーズを受けるか受けないかの判断基準としてまずは男性の経済力に注目しましょう。

判断ポイント2.元カノとの関係状態

男性の中では終わっているつもりでも、元カノがしつこく復縁を迫っているような状態であればプロポーズを受けるのは危険です。元カノが何らかの危害を加えてくる可能性がありますし、男性の心が再び元カノに傾く可能性だってゼロではありません。このような理由から、元カノとの関係状態…つまり過去に恋愛がきちんと終わっているかどうかもプロポーズの返答における判断基準となります。

判断ポイント3.男性の短所の把握

どんな素敵な男性にも必ず短所があります。男性の長所に惹かれて付き合ったものの、思わぬ短所が発覚して別れに至るケースは珍しくありません。しかし結婚となれば簡単に別れることができないため、プロポーズを受けるならその時点で男性の短所を把握していなければならないのです。そうすれば、少なくとも男性の短所が原因で結婚に後悔することはないでしょう。

判断ポイント4.子供を作ることへの考え方

一方は子供が欲しくて一方は子供がいらない…これでは結婚生活がうまくいくはずがありません。子供が欲しいにしてもいらないにしても、男性が女性と同じ考えを持っているかどうかを確認しましょう。その確認ができていればいいですが、まだできていなければその時点でプロポーズを受けるのは軽率です。

付き合って間もない状態でプロポーズされた時は、愛情の大きさだけでなくこうした現実的な部分も考慮した上で返答しましょう。また、仮にNOと返事したからと言って別れを告げる男性とは別れた方が女性のためです。

なぜなら、その男性は結婚を軽く考えているからです。結婚と聞くとロマンチックなイメージがありますが、実際には2人で生きていくわけですから、単に愛情があるというだけで幸せになれるものではありません。これらの判断ポイントを参考にして後悔しない結論を出してください。

written by Ryuka

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.