恋愛情報『あんなに親を嫌っていたのに、恋愛ではファザコンだった【トイアンナのしくじり恋愛】』

あんなに親を嫌っていたのに、恋愛ではファザコンだった【トイアンナのしくじり恋愛】

2018年3月9日 11:00
 

目次

・離婚して、ファザコンを知る
・父親の父親、祖父になりたかった
・ファザコンを認めて、幸せになる
あんなに親を嫌っていたのに、恋愛ではファザコンだった【トイアンナのしくじり恋愛】


こんにちは、トイアンナです。女性からの恋愛相談で「パパみたいな人と結婚したい」と聞くたびに、なんて素敵なんだろうと羨ましく思っていました。私はあまり健全な家庭で育っておらず、つい最近まで両親とは絶縁に近い状態だったからです。

■離婚して、ファザコンを知る

思春期は心もボロボロな典型的メンヘラをやっていたわけですが、さすがにこれはあかんと一念発起してカウンセリングを受けたのが23歳。私が死ぬか親が殺されるか、一触即発の関係にあった親とも冷静に向き合えるようになりました。そして恋をし、結婚。おおなんという順風満帆な人生。・・・・・・というわけにはまいりませんでした。結婚から3年ののち、離婚。

離婚後、私は友達を訪ねてまわりました。「私が次の結婚に生かすべき反省点って、何があると思う?」友人はみな私に似て、こういうときに手加減しません。結婚してから如実にデブったのは手を抜きすぎでは?喧嘩するとき結論ありきで話してコントロールしてなかった?自分が男女平等論者のくせに、リードしてくれる男を選びすぎでは?と、ダイレクトな指摘が刺さる刺さる。はい、すべてその通りです・・・・・・。

■父親の父親、祖父になりたかった

中でも激烈に刺さった友人からのフィードバックが、こちらでした。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.