恋愛情報『彼の前で心のパンツは脱いでもマジのパンツは履いとくべきか【トイアンナのしくじり恋愛】』

2018年11月9日 11:00

彼の前で心のパンツは脱いでもマジのパンツは履いとくべきか【トイアンナのしくじり恋愛】

まして私は裸族。夜ともなればボトムスを脱いでおります。たるんだボディを抱える三十路のパンツ、まじ誰得グロ注意。

とはいえ私もさすがにデートではそんな醜態、さらしておりません。ヒゲを剃り、ファンデーションから顔面加工し、ヒールでカツカツ歩いています。

けれどそんな緊張、長くは続きません。彼氏が自宅に1週間も泊まればもうバレるしかない、すっぴんジャージ、下半身はパンツの自分。

■振られ続けて30年、もう諦めていた素の自分

かつて、私はもっとまともなカッコをせねばならぬと思っていました。そして何度もくじけてきました。こちとら1日15時間働いてて、オシャレなどする隙間はありませぬ。

もちろん忙しくても女を忘れない・・・・・・なんて方もいらっしゃると思うのですが、そういう方はライターじゃなくてVERYや25ansのモデルを今頃なさっているはずなんです。

いやいや。さすがにパンツはちょっと。室内着でももっと頑張れるはずだ。男の人は、彼女がだらしないと愛が冷めるって。ほら、振られた。彼が次に選んだ彼女は、家でもメイクを忘れない子なんだって。やっぱり、このままじゃだめなんだ。

でもちょっと気が抜けるとこぼれ落ちる「パンイチで暮らす癖」。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.