恋愛情報『彼の前で心のパンツは脱いでもマジのパンツは履いとくべきか【トイアンナのしくじり恋愛】』

2018年11月9日 11:00

彼の前で心のパンツは脱いでもマジのパンツは履いとくべきか【トイアンナのしくじり恋愛】

だから私は、あきらめ始めていました。こんな自分にちゃんとしたパートナーを見つけることなんて、もうできないんだと。

■スウェットを望んでくれる彼を見つけよ

それなのに今の彼氏に出会い、びっくりしました。

「できるだけリラックスしたカッコでいてよ」「徹夜明け、パンイチで死んだように寝ているのがかわいい」

お前は何を言っているんだ、私はお前がパンイチで寝ているのはちょっと嫌だぞ(すさまじく自分勝手)。きっと彼は恋の初期だからこんなことを口走っているんだ。

最初はそう思っていましたが、どうやら彼は本当に裸族オッケーらしい。それどころか、風呂に1日、2日入れない原稿の修羅場でも平気らしい・・・・・・。ちなみに彼はその手の変態ではありません。

この世には、寛容な人がいます。何も初デートでスウェットを着ていけとは言いません。初対面はなんだかんだ、無難なカッコがいいかもしれない。けれど徐々に脱いで、パンイチになろうが風呂に入れなかろうが、それが大丈夫な人はいるのです。

裸族に限らず「〇〇だから結婚できない」「どうせ私のXXを知ったら嫌われる」と思っているあなたへ。きっとそんなことありません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.