恋愛情報『束縛しない彼氏と付き合った方が幸せになれるって本当?』

2020年5月21日 09:00

束縛しない彼氏と付き合った方が幸せになれるって本当?

目次

・「好きだから束縛する」という誤解
・束縛したい、という気持ちの裏側にある恐怖と不安
・あなたが束縛を嬉しく感じてしまう理由
・「束縛」は将来必ずお互いの重荷になる
・淡白に見える人の方が実は愛情深い
・束縛じゃなくても愛情はしっかり感じられる
束縛しない彼氏と付き合った方が幸せになれるって本当?


女性の中には(多少は)束縛されていた方が嬉しいと答えるひともいます。

その理由は「愛されていると感じるから」・「自分のことが好きなんだなって思えるから」・「淡白すぎるとかえって不安になるから」など様々あると思うのですが・・・。

束縛は!百害あって!一利なし!

そう断言させてください。束縛は愛情の裏返しでは決してないんですよ。

■「好きだから束縛する」という誤解

束縛をされて嬉しく感じるのは、「束縛するのは相手のことが好きだという証拠だ」と認識しているからだと思います。

恋人を好きになるあまり束縛してしまう傾向にある人は、自分の場合がそうだからと、なおさら思いたくなるでしょう。

しかし相手のことを本当に「好き」であれば、束縛することなんて本来ありあえないことなんです。

裏を返せば、束縛をしてしまうということは、相手のことを心の底から好きではないし、信用していないということになります。

これは自分自身の感情を否定することになるので、かなり受け入れにくい意見だと思います。

それでも少し耳を傾けてもらえたらと思います。それがあなた自身の幸せに繋がることになりますから。

■束縛したい、という気持ちの裏側にある恐怖と不安

では人がどんな時に相手を束縛したくなるかというと、不安や恐怖心を抱いている時です。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.