恋愛情報『結婚を意識してもらうなら「結婚」より「部屋探し」が効果的!』

2020年5月24日 23:40

結婚を意識してもらうなら「結婚」より「部屋探し」が効果的!

目次

・「こんな家住みたい」が「同棲いいかも」へと意識変化
・部屋探しで、「共同生活」について話したくなる心理が発動!
・彼氏が共同生活を「楽しみ」と感じてくるかも・・・!
結婚を意識してもらうなら「結婚」より「部屋探し」が効果的!


どうもあかりです。伝えたいことはタイトルのとおり。

彼に自分との将来のことを真剣に考えてほしいのなら、「結婚」というワードを出して攻めるよりもネットで「部屋探し」を一緒にすることの方がはるかに得策です。今日はその理由をご紹介します。

■「こんな家住みたい」が「同棲いいかも」へと意識変化

彼女との結婚をそこまで現実的には考えていない男子にとって「同棲」を考えることはなかなかのハードルです。

大人になってからの「彼女との同棲」なんて、ほぼイコール「結婚準備」。「結婚」にリンクする感じが怖い。

だから切り口を変えて、「一緒に住むのって楽しそうだな~」と思わせるところから、自然に「同棲」を連想させてみる。

一緒にネットで部屋探しをしてみてください。

基本的には、「二人暮らし」というのは安いですよね。それぞれ8万円の部屋に住んでるとして、16万円出すと、広さ的にも、設備的にも、8万円×2以上のクオリティの部屋に住めます。

「え、同棲したら、今の支出でこんなにきれいな部屋住めるの?」「なんか自分の部屋もあって、しかもリビングで一緒にご飯食べられて、一石二鳥じゃね?」と、具体的な物件の間取りや写真を見ながら想いをはせることになる。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.