恋愛情報『彼女なら気づいてあげて!男の「察してほしい」瞬間あるある』

2020年5月28日 16:00

彼女なら気づいてあげて!男の「察してほしい」瞬間あるある

目次

・イライラしている彼女には、理由を言ってほしい
・仕事が順調なときは「寂しい」より「がんばってるね」がほしい
・趣味の時間はそっとしておいてほしい
・「全てを共有」は難しいけど、相手を見て気遣うことはできる
彼女なら気づいてあげて!男の「察してほしい」瞬間あるある


女性にも「察してほしい」瞬間があるように、男性にも「察してほしい」瞬間があります。

世の中には「察してちゃんはやめろ」というアドバイスがあふれていますが、だからこそ「察してあげられること」はものすごく価値が高まります。

あなたが彼にとっての一番の存在になりたいなら、男性がどんなときに「察してほしい」と願い、なんて声をかけてもらえたら嬉しいのか、をお伝えしましょう。

■イライラしている彼女には、理由を言ってほしい

彼女がイライラしているとき、彼は間違いなくあなたのイライラを「察して」、腫れ物を扱うような気持ちでいます。

こんなとき彼の頭の中には「俺が何か気に障るようなことを言ったのか?」とか「なんでこんなに機嫌が悪いんだ」とかいろんな思考が渦巻いています。

そんなとき彼女から「今日は〇〇の理由でイライラしちゃってるんだ」とか、「私もなんでかはわからないけどイライラしちゃってるの、雰囲気悪くしてごめんね」とか、一言あるだけでも「あ〜俺じゃないのか〜よかった〜!」と安心できます。

▼彼氏が原因でイラついている場合は?またイライラの原因が彼氏にある場合、そしてそれに彼氏が気づいていない場合、「彼氏が察してないことを察して」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.