妊婦の天敵、妊娠線の予防&対処法まとめ

(c)Zffoto - stock.adobe.com

妊婦の天敵、妊娠線の予防&対処法まとめ

妊娠中の女性が気になることの一つ、妊娠線。お腹の真ん中にくっきりとした線ができたり、脇腹あたりにひび割れのような線ができたりして、それが産後も元に戻らないのが妊娠線ができることのつらさといえます。そんな妊娠線の予防や対処法についてまとめました。妊娠中のママさんたち、ぜひ参考にしてください。

気になる妊娠線の予防はどうしたらいい?

気になる妊娠線ケア、どうすればいい?初めての妊娠には、大きな喜びだけでなく不安も伴うもの。少しずつ大きくなるお腹に愛着が湧きつつも、”妊娠線”が心配になるママも多いのでは? ちなみに妊娠線とは、急激に大きくなるお腹に真皮や皮下組織の一部が対応できず生じてしまう皮膚の亀裂のこと。マイナビニュース会員(出産後3年以内のママたち)への調査でも、「妊娠中、妊娠線ができないか心配だった」ママは実に91.4%。不安に思っているママが大半であることが分かった。しかも実際に「妊娠線ができてしまった」ママは39%と、4割近くに上る。4割といえばけっこうな割合と言えるのではないか。そこで今回は、なかなか聞く機会も少ない妊娠線のケアについて、産婦人科…
知っておけば安心。気になる「妊娠線」の対処法妊娠したら必ず気になってしまうものに、妊娠線があります。胎児の成長はうれしいけれど、それとともにお腹もおおきくなり、やがておへその下から赤紫色の線が現れてきてしまいます。これには個人差があり、全くできないという人もいれば、早い人では4カ月頃からできるようです。また、お腹のほかにも、おしりや太ももにできる人もおり、個人差もあります。この、お腹にできる「妊娠線」については、妊娠期のホルモンの影響で色素沈着しやすいためだという説明や、急激に皮膚が引っ張られることで亀裂が生じるためだという説明があります。今回は、フランスの女性サイト「Femme Actuelle」による説明を紹介します。皮膚は表皮、真…
「妊娠線」ができやすい人は○○が原因だった!今からできる妊娠線対策妊娠線のメカニズム妊娠線ができるメカニズムを理解するにはまず、私たちの皮膚が層状になっていて各層がそれぞれ異なる伸縮性を持っているということを理解する必要があるでしょう。具体的には、私たちの皮膚の表面にある「表皮」はかなり伸び縮みする性質があるので、妊娠してお腹が大きくなっても基本的にそれに合わせて伸びていきますが、その下の「真皮」や「皮下組織」は、伸びにくく、その部分に脂肪がたくさんついてしまうと真皮や皮下組織に隙間がなくなって亀裂が生じてしまいます。いわば、肉割れのような状態ですね。これを妊娠線と呼んでいます。妊娠線はいつからできるの?妊娠線が出来やすい時期は、個人差もあるのですがお腹が目…
妊娠線を消すおすすめの方法3選・いつから予防すべき?妊娠中、お腹が大きくなると気になってくるのが「妊娠線」の予防です。妊娠線は急に大きくなったお腹に皮膚の伸びがついていかず、跡になってしまうもの。ストレッチマークとも呼ばれていて、お腹の真ん中に1本跡がつく正中線ができる人や、お腹全体がひび割れたように線ができてしまう人もいます。そんな妊娠線を手軽に予防する方法をご紹介しましょう。コップ1杯の日本酒風呂で全身保湿!妊娠線は、できてしまうとある程度は自然に消えていきますが、完全に元通りにはならない場合もあります。「ちゃんとケアしておけば…」と後悔しないためには保湿ケアが重要です。でも、新たに専用の保湿アイテムを用意する必要はありません。身近な商品で…
お腹がスイカ柄に!? 妊娠線できた女性○%! オススメの予防法って!?妊娠中の女性は、今までの人生にはなかった多くの変化を体験します。産後元通りになることもありますが、逆に、一生消えない変化もいくつかあります。そのうちのひとつが「妊娠線」。妊娠線とはいったいなんなのでしょうか。出産経験者の皆さんに妊娠線について詳しく聞いてみました。■妊娠線とはアンケート結果を見る前に、妊娠線とは何かをご説明します。急激な体重の増加、お腹の膨らみに肌がついて行けず、真皮がひび割れてしまうことによりできるもの。お腹にできることが多いですが、中には胸や太ももなどにもできる人も。できた当初は目立つ赤い線なのですが、時間がたつと白く目立ちにくくなってきます。しかし、残念なことに一度できて…
ママに聞いた! 妊娠線を防ぐにはどうしたらいい? お腹だけじゃなく胸にもできるって本当?妊婦さんの心配事の一つである妊娠線の出現。お腹が大きくなってくると、肉割れのような妊娠線がくっきりと出てくる場合があります。ですが手入れをしっかりと行うことで予防も可能と言われています。妊娠線の予防のためにどんなケアを行っていたのか、ママたちに聞いてみました。■保湿第一・「風呂上りおなかに馬油を塗る。小柄でおなかも人より大きくなったが、もともと肉質が軟らかかったのか妊娠線はできなかった」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)・「お風呂あがりに専用オイルを塗り込んでいたが、皮がのびすぎて、若干ぶよぶよになってしまった」(38歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)・「ママ&キッズのクリームをぬ…
妊娠線を阻止したい! マタニティー中でも美腹を目指そう!妊娠中のママのお腹は今までに経験したことのないくらい、どんどん大きく……。そして、気が付いたら妊娠線ができてしまった! という経験者は多いです。妊娠線は急なお腹の伸びにより、皮膚がさけてしまうこと。残念なことに、一度できてしまった妊娠線は薄くなったとしても消えることはないのです。そしてこれからまさに冬の乾燥シーズン。乾燥によりますます妊娠線ができやすい環境に……。そんな現在妊娠中のママのための「美腹」を目指す方法をお伝えしていきます。妊娠線知らず!美腹スケジュール初期(妊娠2~4ヵ月)このころの妊婦さんはつわりなどの影響で体重が減ってしまう方も。そうでない方でもお腹は目立ちません。しかし、お腹…

妊娠線の予防におすすめのケアアイテムをご紹介

ズボラなママにもオススメ!うるおい続く、妊婦向け保湿クリーム誕生1日1回のケアでずーっとしっとり2月13日(月)にピジョン株式会社から、敏感な妊婦でも安心して使える『保湿ボディケアクリーム』が発売される。妊娠線ができるのを防止するためにも重要な、妊婦の保湿ケア。しかし家事や検診で疲れてしまったり、つわりで体調が優れなかったりと慌ただしい中では、ついケアをないがしろにしてしまうことも。そんな妊婦のために作られたのが、『保湿ボディケアクリーム』。その大きな特徴は、1日1回のケアで24時間保湿の効果が続くことだ。手軽に長く効果を感じられるこの特徴は、モニター調査でも85%の回答者に支持されている。敏感な妊婦にやさしい処方産婦人科医や助産師をはじめ、先輩ママたちの…
化粧水+ワセリンで妊娠線予防!たっぷり保湿で肌に潤いを妊娠線は保湿ケアで予防できる!◆妊娠線ができる原因妊娠すると、月齢を過ぎるごとにお腹が大きくなりますね。赤ちゃんが順調に育っている喜びはありますが、女性としては妊娠線ができないように、妊娠中に予防しておきたいもの。妊娠線の予防に効果的なことは、徹底的に保湿をすることです!◆妊娠線を予防するには保湿が重要!なぜ妊娠線ができるのかというと、皮膚が乾燥していて柔軟性がなく、その皮膚を無理やり伸ばそうとするため皮膚にヒビが入ってしまいます。そのヒビが妊娠線なのです。妊娠線ができないようにするためには、肌を保湿して柔軟性を高めることが重要です。何もケアを行わないままだと妊娠線ができる可能性が高くなってし…
妊娠線にも効果アリ!プレママのお悩みを解消する「マタニティケアオイル」「いつもよりもむくみがひどく、靴がきつくなった」「肩こりや腰痛がひどい」など、妊娠すると今まで悩んでいなかったような体調の変化を多く感じるようになります。中でも妊娠後期にかけて出る“妊娠線”は、一度できると消えず、後々まで残ってしまうことになるので気にされている方も多いかもしれません。今回は、エステティシャンで2回の出産をした筆者が、妊娠線予防にも役立つマタニティケアオイルをご紹介します。 ■妊娠線予防にも!妊婦さんのオイルケア妊婦さんは、ホルモンバランスの変化と赤ちゃんの成長にともなって、今までは感じなかった色々なトラブルが起こりやすくなります。どんなトラブルが出てくるかは、体質や…
むくみや妊娠線予防にも! イタリアママのボディケアの推しアイテムは「オイル」女友だちと海に行ったときのことです。出産して半年くらいしかたっていないのに、妊娠前とほとんど変わらないプロポーションと肌に驚きました。「何かコツでもあるの?」と聞いてみると「産後に筋トレをちょっとがんばったくらいだけど、肌には妊娠中から気をつけたかな。寝る前、いつも保湿オイルを体につけていたの」という答えが。そう言われてみると、ママになった友人知人のお宅で必ず見かけたのが、アーモンドやホホバをはじめとする天然オイル。イタリアママの美の秘けつはこれかも…と思ったものです。ここでは、そんな彼女たちが実践している「オイルを使ったボディケア術」についてご紹介します。 1.ヒップケアも取りいれる海が大好…
フランス人ママも使っている!妊娠さんにオススメする超万能オイル妊娠中は妊娠線、体重増加など美容に関する悩みがつきません。産後も美しいママでいるために今すぐマッサージケアを始めましょう。今回はフランス人女性がオススメする日本でも購入可能な商品、ヴェレダ・マザーズオイルの優れた効果を紹介します。ヴェレダ・マザーズオイルとは医師や助産師と共同開発したというヴェレダのマザーズオイルは、100%ナチュラル。アーモンド油、ホホバ種子油が配合され、保湿力バツグンのオイル。お腹の妊娠線予防だけでなく、乳房や会陰のマッサージにも有効な優れものです。腹部マッサージ妊娠線とは急激に大きくなっていくお腹、乳房、太ももの皮膚の伸びがついていけなくなり、真皮や皮下組織にできる亀裂の…

出来てしまった妊娠線も諦めないで!

ダブル保湿と腹巻きで妊娠線が消える!?10日間で効果が妊娠腺とは?どうしてできるの?◆妊娠線が出来る原因妊娠線とは、妊娠によって大きくなるお腹の変化に肌の皮下組織がついていけず、亀裂が生じ現れる赤紫色の線状斑のことです。妊娠線が出来る原因のひとつは肌の乾燥。乾燥すると肌は硬くなり、柔軟性がなくなってしまいます。柔軟性があれば、月齢にあわせて皮膚も伸びていきますが、乾燥していると硬い皮膚を無理やり伸ばしていくことになるので、皮膚が割れてしまい妊娠線ができてしまうのです。◆妊娠線を薄くするには、保湿がポイント!乾燥が主な原因である妊娠線を薄くするには、保湿ケアがポイントになります。しかし、妊娠線を消すというのは非常に難しく美容クリニックなどを利用する…
30日でOK!妊娠線は手作り化粧水とオイルで簡単ケア妊娠線はどうしてできる?◆妊娠線ができる理由半数以上の妊婦の方が妊娠線に悩んでいるといわれていますが、妊娠線はどうしてできてしまうのでしょうか?皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」という3つの構造になっていますが、妊娠によるお腹の膨らみとともに皮膚が伸びて、「真皮」に亀裂が入るため妊娠線ができてしまいます。実は妊娠線のようなストレッチマークは、妊娠だけでなく急な体重増加や成長期の急激な背の伸びなどでもできてしまうので注意が必要です。また、太もも、二の腕、胸など、お腹以外の場所にできた妊娠線に悩んでいる方も少なくありません。◆妊娠線が消えない理由一度「真皮」にできた亀裂は治りにくいため、妊娠線は徐…
一度できると二度と消えない!? ママの悩み「妊娠線対策」おすすめケアグッズ3選妊娠するとママのお腹は、今までにはないくらい大きく膨らみますよね。そこで悩むのが“妊娠線”です。妊娠線は一度できると消すことが難しいといわれています。最近では、妊娠線の情報も増え、ちゃんとケアしていて妊娠線ができなかったというママも増えています。今回は、2回の妊娠で両方とも“妊娠線”ができなかった筆者が、どうしたら妊娠線ができないのか、どんなアイテムを使うことが効果的かをお伝えします。 ■何が原因?「妊娠線ができる理由」皮膚はやわらかく、“ゴム”のように伸びたり縮んだりする性質を持っています。しかし、真皮(しんぴ)や皮下組織といった皮膚の深部は伸びにくく、妊娠によりママのお腹が急激に…
簡単&安い!オリーブオイル&はちみつで30日の妊娠線ケア出来てしまった妊娠線を消すには?◆妊娠線はどうしてできるの?妊娠線は、妊娠で大きくなったお腹の皮膚が伸び、その伸びについていけず亀裂が入ってしまって、毛細血管などが線のように透けて見えている状態を指します。この亀裂の入っている皮膚の「場所」が、妊娠線ケアにとっては重要です。皮膚は、表面から表皮、真皮、皮下組織という3つの組織に分かれています。表皮は弾力性があり、妊娠でも亀裂が入ることはないのですが、それ以外の真皮、皮下組織は弾力性があまりありません。亀裂が入ってしまう場所は、真皮、皮下組織になります。ですので、妊娠線を消すには、この表皮の内側の場所をケアする必要があるのです。◆妊娠線を薄くする…
妊娠線に30日間!グレープシードオイルの手作りケア妊娠線を薄くするのに効果的なオイルとは!?◆妊娠線のできる理由と、薄くする方法とは?妊娠線は、大きくなるお腹に皮膚がついていけず裂けてしまうことでできるものです。皮膚とひとくくりに言っても、裂ける箇所は伸縮力のある表皮ではなく、皮膚の内部にある真皮と皮下組織。そんな体の中にできてしまった傷を治すには、皮膚のターンオーバーを促すことが一番です!正常なターンオーバーによって、内部の古い傷ついた皮膚細胞が皮膚表面にあがっていき、垢として落とされます。そして、新しくできた皮膚細胞がそれに代わり、キメの整った肌になる・・・。これを繰り返すことで、できてしまった妊娠線は薄くなっていきます。では、正常なター…
「手作りアロマクリーム」で1日5分30日間の妊娠線対策出産まであと少し…になったら「手作りアロマクリーム」で妊娠線ケアを◆出産後の忙しい毎日を迎える前に、ゆったりアロマケアを幸せいっぱいのマタニティライフ、少しずつお腹が大きくなってくると気になるのは、妊娠線のことですよね。いろいろな妊娠線対策のためのクリームが市販されていますので、妊娠初期から念入りにケアしていらっしゃる方も多いと思います。そして妊娠37週以降になってくるといよいよ赤ちゃんとのご対面も近づき、お腹はますます大きくなり、妊娠線対策も熱が入る頃です。出産後忙しくなる前のこの穏やかな時間に、「手作りアロマクリーム」で自分だけの贅沢時間過ごしてみませんか?手作りアロマクリームにはメリット…
できてしまった妊娠線、諦めるのはまだ早い!韓国NO.1妊娠線クリーム「プラジェントラクリーム」で元の肌を取り戻そう!妊娠や出産を経て劇的に変化する女性の体。様々な変化がありますが、その中で最も気になるものが“妊娠線”ではないでしょうか?妊娠線は急激なダイエットや成長期に起こる“肉割れ”“ストレッチマーク”と同じもので、皮膚の深い真皮の層の方で“コラーゲン繊維”というものが裂けてしまうことによって起こると言われています。なぜ裂けてしまうのかというと急激に太ってしまったり特定の筋肉を過剰に鍛えたりした際に体が膨張して皮膚が引っ張られたことが原因です。特に太ももやふくらはぎ、二の腕やお腹などというのは“皮脂の分泌量”が少ないせいでその裂けてしまった部分から肌の水分が蒸発してしまい、皮膚が乾燥して固くなり、“妊娠線…
妊娠線・肉割れ・くすみ・乾燥とオールマイティーにケアできる!話題のプラジェントラクリームで痛んだ肌をケアしよう!きちんとケアしているつもりでも、ついうっかりケアを怠ってしまうと後に響くのが肌トラブル。その中でも特に出産後の女性が悩むナンバーワンは「妊娠線」ではないでしょうか?できてしまっては後の祭り…そう思っている方に朗報です!韓国で売り上げシェアナンバーワンのドクターコスメブランド、「プラジェントラ」の「プラジェントラクリーム」を使えば、できてしまった妊娠線もケアできます!なぜできてしまった妊娠線もケアできるの?!妊娠線は皮膚の深い真皮の層の方で“コラーゲン繊維”というものが裂けてしまうことによって起こるといわれています。プラジェントラクリームはこの割れてしまった“コラーゲン繊維”の細胞に働きかけ、修…
妊娠線のできやすさも遺伝だった!できちゃった人のための根拠あり対策法3つ無害とはいえ、妊娠線ができてしまうのは女性には大ショック!なもの。妊娠中からせっせと予防クリームを塗っていたというママも多いのでは。この妊娠線ですが、できやすさにも実は遺伝子が関係しているという恐怖の事実が最近の研究で判明したのです。『Journal of Investigative Dermatology』に掲載されたこの報告は、個人向けにゲノム解読サービスを提供するバイオテクノロジーのベンチャー会社である23andMeが行った研究結果です。3万3,930人ものDNAを調査し、内、4,967人は、強い妊娠線を持った女性だったといいます。結果、4つの遺伝子-ELN/SRPX/HMCN1/TME…

妊娠線の予防には体調管理がカギ!

産後太りや妊娠線の予防には、輪ゴムを使った足裏矯正きれいなママになりたいから妊娠・出産してもきれいでいたい。そんな女性たちにとって大きな悩みとなるのが、「妊娠線」と「産後太り」ですよね。身体にできた妊娠線や下半身太りは、産後に心身のコンディションを整えていく障害にもなりえます。だから、できるだけ予防したいですよね。予防のために私が実践した方法を紹介します!◆予防のポイントは「歩き方」にあり妊娠線ができやすい人と産後太りしやすい人には、ある共通点があります。それは、「2点歩行」。本来なら、歩くときは足裏の3点で体重を支えるのが理想。それに対して、靴の影響などで足の指が反り返り、指が浮いた状態で歩く歩き方を、2点歩行といいます。2点歩行をしている…
二の腕の妊娠線を撃退!30日で効果実感の簡単エクササイズ妊娠線は腕にもできる!◆どうして二の腕に妊娠線ができてしまうの?妊娠線というとお腹にできるものと思いがちですが、二の腕も妊娠線ができやすい部位だといわれています。二の腕に妊娠線ができる1番の理由は、体重の増加です。妊娠すると皮下脂肪がつきやすい状態になり、自然と太りやすい体質へと変化してしまうのです。そして二の腕が急激に太くなり、皮膚がその伸びに追いつけず、亀裂がはいってしまうわけです。◆ホルモンの影響も大いに関係あり先ほど、急な脂肪の増加に皮膚がついていけずに妊娠線ができてしまうというお話をしましたが、他にもホルモンの影響でできてしまう場合もあります。妊娠中のエストロゲンやプロゲステロンとい…
マタニティ運動で体調管理しながら、20日間の妊娠線対策!妊娠線ができるのはどうして?◆妊娠線ができるのはいつ頃から?ストレッチマークとも呼ばれる妊娠線。多くの妊婦さんはお腹が急に大きくなってくる妊娠後期頃からでき始めますが、中には妊娠中期からできるという人もいます。妊娠線ができるのは、大きくなってきた子宮や急に増えた皮下脂肪に皮膚の伸びが追いつかないため。妊娠中はホルモンの関係で新陳代謝が悪くなり、肌の弾力も失われるのも原因の一つです。妊娠線のでき方は人によって違い、お腹だけでなく、太ももやお尻、胸にできる妊婦さんもいます。◆妊娠線とは皮膚が肉割れした状態妊娠線は、伸びやすい表皮ではなく、伸びにくい真皮や皮下組織に亀裂が入った状態。亀裂は皮下出血を…
急激なダイエットは要注意!肉割れ・妊娠線の原因と予防策激しいスポーツ、急激なダイエットなどで体にできる「肉割れ」や、妊娠・出産による「妊娠線」。原因は表皮が伸縮性に優れているのに対し、皮膚の下の真皮の層と皮下組織の一部が急激な伸縮についていけず裂けてしまったこと。できてしまった線を消すのは難しいとされているので、予防が大切です。また、できてしまった線をそれ以上濃くしないためにできることは「乾燥を防ぐこと」「マッサージ」「皮膚の再生を促す食品を摂ること」です。妊娠中やダイエット中の人は、予防も兼ねて対策をとっていきましょう。■妊娠線・肉割れの原因妊娠によっておなかが大きくなる際に皮膚が伸ばされる「妊娠線」、ダイエットによる急激な体重減少に皮膚がつい…

妊娠線ができやすい人の特徴とは

プレママは要チェック! 「妊娠線」ができやすい人の特徴&予防法3つ【ママからのご相談】もうすぐ妊娠5か月になろうとしているプレママです。だんだんとお腹が目立つようになってきました。そのせいかお腹の皮膚にむず痒さを感じるときがあります。今まで特に妊娠線予防の対策をしてこなかったのですが、 そろそろ何かケアをした方がいいでしょうか?具体的にはどんな方法がおすすめですか?●A. ぜひとも今から対策を始めて。一番は急激な体重増加を防ぐこと。こんにちは、ママライターのacoです。ご相談ありがとうございます。妊娠線は一度できてしまうと完全に消えることはありません。出産後、徐々に薄くなり目立たなくはなるものの、できれば予防したいですよね。通常、妊娠線は妊娠8か月ごろから現…
生活習慣で変わるってホント!? 「妊娠線ができやすい人」の特徴産後もっとケアをしておけばよかったと言われる方が多い妊娠線。洋服を着てしまえば見えないものの、やっぱりできてしまったら気になるものです。しかも、一度できると消えないのが難点。そもそも“妊娠線”って、いつ頃できやすく、どんな人になりやすいのか知っていますか?今日は、その対処方法も含めてお話します。 ■そもそも「妊娠線」ってどういうもの?皮膚が引っ張られることで、「皮膚の表面に亀裂が入ったように現れる赤紫色」を帯びた線のことです。皮膚は表皮、真皮、皮下組織から成り立っています。妊娠すると、赤ちゃんの成長にあわせてお腹が大きくなっていきますが、この時皮膚も一緒に伸びていきます。皮膚には、以…
西山茉希の“美しすぎるお腹”に秘訣アリ?妊娠線・正中線の違いと「黒ずみ悪化」のNG習慣とは先日、タレント西山茉希さんのインスタグラムで、お腹の上で子どもたちが戯れる動画が紹介されました。この動画にうつる西山さんのお腹の美しさに、多くのママ達からコメントがよせられていました。「正中線がない」「妊娠線がない」などなど、西山さんの産後とは思えないお腹の美しさに注目が集まったようです。ところで、この正中線や妊娠線が出る出ないということには、どういった個人差が存在するのでしょうか?今日は助産師である筆者が、”キレイなお腹でいるために気を付けたいことと知っておきたい!NG習慣”についてお伝えします。 ■「妊娠線と正中線」の違いって?(1)皮下組織が断裂することでできる「妊娠線」妊娠線…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ビューティまとめ

新着まとめ

人気ビューティまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.